« アメリカのドキュメンタリー | トップページ | 異色の時代劇続々 »

2009年7月15日 (水)

『サルコジ マーケッティングで政治を変えた大統領』

朝日新聞パリ支局長の国末憲人氏がフランスのサルコジ大統領について書いた本を読んだ。「週刊文春」で鹿島茂氏が触れていて気になっていたからだ。
なんであれほど品格も知性もない男をフランス人が支持するのか不思議だったが、これを読んでよくわかった。要するに中小企業の経営者的センスでフランスを変えていこうとしているからである。また小泉やオバマと同じく、自らさまざまなストーリーを生み出し、メディアに露出させて行くからだと。すべてがマーケッティング的な発想をベースにしている。つまり国民は乗せられ、操作されているに過ぎない。
人間の劣化は何も日本だけではない、フランスのような国でも進行中なのだとこの本を読んで思った。

|

« アメリカのドキュメンタリー | トップページ | 異色の時代劇続々 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/537538/45639698

この記事へのトラックバック一覧です: 『サルコジ マーケッティングで政治を変えた大統領』:

« アメリカのドキュメンタリー | トップページ | 異色の時代劇続々 »