« 『プール』 | トップページ | 『戦場でワルツを』 »

2009年7月31日 (金)

ローマのレストランでボラれた日本人

最近新聞ではローマのレストランの昼食で二人で10万円近く払わされた日本人カップルが話題になっている。観光相が謝ってローマに招待するとか、本人たちが「イタリアの税金を使わないでくれ」と断ったとか。

今朝の朝日新聞にその記事にレストランの名前『パセット』が出ていて驚いた。ナヴォナ広場のIl Passettoに違いない。4、5年前にローマに出張していた頃、そこで昼食をしたことがある。アポが終わってその広場をぼんやりたたずんでいたら遠くからいい匂いがする。自然と近づくとトリュフだった。よく見ると立派なレストランの前で、とりあえずメニューを見ていたら、店の人が「日本でも有名なイル・パセットとはここのことだよ」と言う。
しばらく躊躇しているとそこで修行している日本人の若者まで厨房から呼び出して、彼が「うまいですよ」と言うので、腰をおろした。何を食べたかすべては記憶にないが、白トリュフのパスタや魚介類のローストは実においしかった。赤ワイン1本込みで5000円相当も払っただろうか。高かった記憶はない。1時間半後には、半分酔っぱらっていい気分で出てきた。帰り際に「昨日はトヨタが大きな夕食会をしてくれた」と話していた。ローマでひとりで食べた食事では最もいい思いでの一つだ。
Il Passettoはいつからそんなインチキな店になったのだろうか。そうしてその時にいた日本人の若者は、帰国してレストランを開いているのだろうか。

|

« 『プール』 | トップページ | 『戦場でワルツを』 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/537538/45791912

この記事へのトラックバック一覧です: ローマのレストランでボラれた日本人:

« 『プール』 | トップページ | 『戦場でワルツを』 »