« 『モード家の一夜』 | トップページ | 『グッド・バッド・ウィアード』の引用をめぐって »

2009年8月23日 (日)

『ドゥームズデイ』から映画をさかのぼる

ひょんなことから9月19日公開の『ドゥームズデイ』についてのインタビューを某週刊誌に受けることになり、過去の映画数本をDVDで見た。もともとSFアクションにくわしいほうではないが、この映画がいくつかの映画を下敷きにしているのは見ていてすぐわかる。
まずはジョン・カーペンター監督の『ニューヨーク1997』。

マンハッタンを犯罪者の街として封鎖後、そこに連れ去られた大統領を救いに行くという話だが、完全封鎖された問題の地域に何かを取りに行くという設定が『ドゥームズデイ』と全く同じだ。『マッドマックス2』は、モヒカン刈りの盗賊たちのファッションなどがそっくりだし、カーチェイスのスタイルも似ている。未来に残された人々という設定も近い。
もちろん『バイオハザード』や『アンダーワールド』のシリーズもウィルス系SFという点では近いが、これらはゾンビとかモンスターが出てくるので怖さの質が違ってくる。
今回初めて見て驚いたのは、ダニー・ボイル監督の『28日後』。死に至るウィルスの蔓延後、地球に残った者たちが何とかして生き延びる話で、『ドゥームズデイ』の封鎖された向こう側にありえたような物語だ。何といっても、誰もいないロンドンが美しい。いったいどうやって撮影したのだろうか。そこで会うわずかな人々との旅が始まる。同じ監督の『スラムドッグ$ミリオネア』よりも何倍も繊細でおもしろいと思った。
過去のいくつもの映画を思い起こさせる映画は、それだけで楽しい。

|

« 『モード家の一夜』 | トップページ | 『グッド・バッド・ウィアード』の引用をめぐって »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/537538/46006500

この記事へのトラックバック一覧です: 『ドゥームズデイ』から映画をさかのぼる:

« 『モード家の一夜』 | トップページ | 『グッド・バッド・ウィアード』の引用をめぐって »