« ワイダの新作を見る | トップページ | 「Googleブック検索サービス和解」に関するお知らせ届く »

2009年8月31日 (月)

「歴史的」選挙結果を喜べない理由

予想されていたこととはいえ、民主圧勝に驚いた。わずか4年で自民と民主の議席数が丸々逆転したわけで、その振れ幅の大きさに驚く。今朝の朝日新聞で「政治エディター」(意味不明な呼称)の根本清樹なる人が「新たな憲政常道」と呑気に書いていたけれど、とてもそんな気分にはなれない。

これは今後日本の選挙が、その時々のワンテーマで大きく揺れる時代の幕開けではないか。政党への支持や政治家への信頼、あるいは政策への同意ではなく、流行りの方向で決まってしまう。2大政党制をめざしたはずの小選挙区が、実は二者択一の中で、流行を先取りした側を選んでいく全体主義へ導くことになりはしないか。
もし小泉級のスター的資質を持つ政治家が、周到に準備してヒトラーのようにとんでもないことを訴えても勝ってしまうかもしれない。現に「郵政民営化」選挙がそれに近かったではないか。
日本は世界でもっとも進んだポストモダン社会である、といえば聞こえはいいが、実際は本質より形を、商品の中身より作られた流行を選んでしまうというポスト資本主義の状況が最も進んだ国だ。そんな国では二者択一の小選挙区より、一つの選挙区で数名が当選する中選挙区がまだましなのではないか。
国民を衆愚とみなすこうした考えは当然マスコミでは語られないが、感じている人は多いのではないか。小選挙区の選挙行動について、政治学者ではなく社会学者の意見を聞いてみたい。

関係ないが、昨晩から今朝のテレビで竹中平蔵や東国原が偉そうにしゃべっているのは不愉快だった。彼らにその資格はない。

|

« ワイダの新作を見る | トップページ | 「Googleブック検索サービス和解」に関するお知らせ届く »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/537538/46077562

この記事へのトラックバック一覧です: 「歴史的」選挙結果を喜べない理由:

« ワイダの新作を見る | トップページ | 「Googleブック検索サービス和解」に関するお知らせ届く »