« 『戦慄迷宮3D The Shock Labyrinth』 | トップページ | オペラ『オテロ』のゲネプロを見る »

2009年9月17日 (木)

どんどん読める『沈まぬ太陽』

ベネチア滞在中に、自分が行きの飛行機で読んだ『メディアの支配者』全2巻を、友人が持っていた山崎豊子の『沈まぬ太陽』1、2巻と交換した。エール・フランス機の中で日本航空の話を読むのも妙だったが、一気に読んだ。

わざわざプルーストも持って行っていたのに、こういう本を前にすると全く手がつけられなかった。帰国してその日に3、4、5巻も買いに行ったくらいだ。
自分も日本航空と似たような親方日の丸体質の会社に2つも務めたので、描かれているような腐敗やゴマすりの横行はよくわかる。がんばりすぎて疎まれて左遷された経験も一度ならずあるので、主人公の思いも少しはわかる。
もちろんこの小説のように善人と悪人がきちんと分けられているわけではないというのが、実感とはしてある。すばらしいと言われる人が、時として自分も気づかずに甘い汁を吸っていることも多い。でも、大衆小説としてはこのくらいの単純化が必要なのだろう。『メディアの支配者』のようなノン・フィクションではないので。

利根川首相=中曽根首相、田沼元首相=田中元首相のように明らかにそれとわかるモデルが多いので、試しに「沈まぬ太陽 モデル」で検索してみたら、出るわ出るわ。行天常務以外は全部あるようだ。当然、「事実と違う」という反論もたくさん見つかった。そうだろうと思った。

文庫の帯に書いてあったが、渡辺健主演で10月24日から映画も公開されるらしい。つまらないかもしれないが、見に行くと思う。

|

« 『戦慄迷宮3D The Shock Labyrinth』 | トップページ | オペラ『オテロ』のゲネプロを見る »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/537538/46233273

この記事へのトラックバック一覧です: どんどん読める『沈まぬ太陽』:

» 山崎豊子の最高傑作『沈まぬ太陽』を10倍楽しむ方法 [山崎豊子の最高傑作『沈まぬ太陽』を10倍楽しむ方法]
「魂が、震える。」未だ映像かされていない最高傑作がいよいよ映画化 [続きを読む]

受信: 2009年9月22日 (火) 23時24分

» 日本航空の歴代社長 [山崎豊子の最高傑作『沈まぬ太陽』を10倍楽しむ方法]
日本航空発足以来の鐔の鯊綏弍朕� 就任年月社長(前職)会長(前職) 1951年8月柳田誠二郎(日銀副総裁)藤山愛一郎(日商)会頭 1953年10月〃原邦造(旧三井財閥幹部) 1961年1月松尾静麿(航空庁長官) [続きを読む]

受信: 2009年9月28日 (月) 15時04分

« 『戦慄迷宮3D The Shock Labyrinth』 | トップページ | オペラ『オテロ』のゲネプロを見る »