« 『三池 終わらない炭坑(やま)の物語』に涙する | トップページ | 西武線にヘンな広告が »

2009年12月11日 (金)

51歳のラウラ・モランテに魅了される

なぜか、イタリアのラウラ・モランテという女優が忘れられない。あの唇の動かし方がたまらない。たぶんナンニ・モレッティの『僕のビアンカ』で女教師のビアンカを演じたのを見て以来、彼女の出る映画は何でも見る。あのひどい『マザー・テレサ』まで見に行った。で、今春公開のフランス映画『モリエール』の試写を喜んで見に行った。

物語は若き日のモリエールを描いたもので、ラウラ・モランテはモリエールを雇う侯爵(ファブリス・ルキーニが抜群におかしい)の妻。モリエールは彼女に憧れて二人は次第に心を通じ合う。
シナリオが実に巧みにできていて、モリエールの喜劇を見るようなシーンがあちこちに混じっている。まさに芝居と実人生が幾重にも折り重なったような映画で見ていてどんどんおもしろくなってゆく映画だ。
ラウラ・モランテは大きな胸をドレスに押し込んでいる感じで、いつ出てくるかとドキドキしながら見たが、最後までそのままだった。
ああ、僕のビアンカ。映画ではナポリ出身という設定だが、イタリア語なまりのフランス語がまたたまらない。

最近、試写室がガラガラだ。ウッディ・アレンの新作もそうだった。最近アート系の映画で満員になったのを見たことがない。一方日本映画のメジャーな作品は満杯に近い。マスコミさえもアート系の外国映画を見放しているのだろうか。

|

« 『三池 終わらない炭坑(やま)の物語』に涙する | トップページ | 西武線にヘンな広告が »

映画」カテゴリの記事

コメント

今日、モンテーニュ通りのカフェ を見て 一目惚れしました。美しい方ですね。。。イタリア女優は美しい。雨のエトランゼの ヴィルナリージ以来の、一目惚れでございました。。(当方40代女性)

投稿: ヴィルナリージ | 2011年10月25日 (火) 19時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/537538/46991488

この記事へのトラックバック一覧です: 51歳のラウラ・モランテに魅了される:

« 『三池 終わらない炭坑(やま)の物語』に涙する | トップページ | 西武線にヘンな広告が »