« 老いた母と暮らすということ | トップページ | 山田詠美の『学問』に我を忘れる »

2010年1月 8日 (金)

『輝ける青春』が一位

「イタリアに好奇心 7日遅れのコッリエーレ・デッラ・セーラ」というブログがある。イタリアの新聞からおもしろそうな記事を翻訳して載せているので、よく見る。
そのブログにイタリアで年末に載った2000年代のイタリア映画の人気投票が翻訳されていた。一位は断トツで『輝ける青春』だ。 あの6時間のドラマに涙した日本の観客も多いと思う。

ところが2位以降は全く日本で公開されていない。多くはイタリア映画祭ではやっているけれど劇場公開には至っていない。日本で公開されるイタリア映画は年に5、6本あるが、イタリア人の好みと全く違うようだ。個人的には「ゴモラ」や「カイマーノ」「イル・ディーヴォ」は今からでも公開して欲しいと思うのだが。特に「ゴモラ」はきっと当たると思う。

1.La meglio gioventù マルコ・トゥッリオ・ジョルダーノ監督 2003  29,5%
2.L'ultimo bacio ガブリエレ・ムッチーノ監督  2001  19,8%
3.Gomorra   マッテオ・ガッローネ監督  2008  18,7%
4.Il divo パオロ・ソッレンティーノ監督 2008  14,6%
5.Il caimano ナンニ・モレッティ監督   2006   7%
6.Tutta la vita davanti パオロ・ヴィルツィ監督 2008  6,3%
7.L'ora di religione マルコ・ベッロッキオ監督 2002 2,2%
8.Mi piace lavorare (Mobbing) F.コメンチ−二監督 2004 1,1%
9.Private  サヴェリオ・コスタンツォ監督 2004 0,7%
10.Oh! Uomo  Y.Gianikian e A.Ricci Lucchi監督 2004 0,2%

|

« 老いた母と暮らすということ | トップページ | 山田詠美の『学問』に我を忘れる »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/537538/47234489

この記事へのトラックバック一覧です: 『輝ける青春』が一位:

« 老いた母と暮らすということ | トップページ | 山田詠美の『学問』に我を忘れる »