« 宗教学者の読み解く資本主義 | トップページ | 『1968』から始まる:その① »

2010年1月 1日 (金)

新年の挨拶に代えて

去年の4月に転職と同時に始めたブログも、はや8カ月過ぎた。全部で260回も書いて、計2万近くもアクセスがあったことに正直驚いている。この4カ月の平均は約150で、日によっては800を超すことも。これが多いのかどうかもわからないが、写真も広告もリンクもない文字だけのブログにしては上出来だと、自分で勝手に思っている。少し批判めいたことを書いた時などちょっと怖い。
アクセスは全国各地からあり、海外も多い。韓国映画について書くと、韓国からのアクセスがある。

最初は気が向いた時に書いていたが、9月の初頭からはあえて毎日書くことにこだわっている。その方が毎日わずかでも考える時間が持てるからだ。映画や本のメモとしても、日記に書くより真剣になる。
考えてみると、これまで自分がやってきたのと全く異なるコミュニケーションの方法で、部数の多い既存のメディアに書く時より実際に読んでくれているという妙な実感もあった。

20人前後の親しい友人たちには、こまめな近況の報告になる。たまに会うと「あれはおもしろかった」「ちょっと違う」と話題にしてくれるのも楽しい。映画会社の知らない方から突然「読んでますよ」と言われたこともある。

今のところ匿名にしているので、私の部分を入れつつも全部は見せない書き方をしている。そのつもりでも時々自分が出すぎて、バレたりする。今年はある時突然記名にするかもしれない。

というわけでこれまでお読みいただきありがとうございます。今年もよろしくお願いします。

|

« 宗教学者の読み解く資本主義 | トップページ | 『1968』から始まる:その① »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/537538/47174052

この記事へのトラックバック一覧です: 新年の挨拶に代えて:

« 宗教学者の読み解く資本主義 | トップページ | 『1968』から始まる:その① »