« 日経の映画評に誘われて『海角七号』を見る | トップページ | 映画『NINE』の豪華絢爛に酔う »

2010年1月26日 (火)

食べ頃白菜の簡単レシピ

霜が降りた後の白菜は、天の恵みのようにおいしい。『danchu ダンチュー』最新号はシチューとスープ特集で、旬の白菜を使ったレシピ「焼き白菜とベーコン煮」があったので、作ってみた。実に簡単でうまい!

白菜は1/4で売っているのを根本に包丁を入れてから手で四つ切し、塩を振る。
100gのベーコンとにんにく1かけをバターを溶かしたフライパンにかけ、そこに白菜を入れて焦げ目をつける。
あとは鍋(できたらホーロー)に移して、ひたひたの水とローズマリーを1枝を入れて、ふたをして20分ほど煮込むだけ。
レシピには最後にバターをと書いてあるが、必要ない。また、できたら早めに作って火を止めてから余熱で1時間くらい置いておいた方が、白菜がよりくたっとしてうまいと思う。
白菜の甘みとベーコンの燻香にローズマリーが見事に調和する。パンでもご飯でもいける味だ。

ついでにその本の横のページには「大根と豚のビール煮」というのがあって、これも作ったら抜群においしかった。豚バラ肉400gを2cm幅に切ってオリーブオイルで炒めて、そこに黒ビール2ホンを注いで輪切りの大根を入れて20分煮込むだけ。こちらも和洋どちらでもいける絶妙な味だ。

|

« 日経の映画評に誘われて『海角七号』を見る | トップページ | 映画『NINE』の豪華絢爛に酔う »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/537538/47393529

この記事へのトラックバック一覧です: 食べ頃白菜の簡単レシピ:

« 日経の映画評に誘われて『海角七号』を見る | トップページ | 映画『NINE』の豪華絢爛に酔う »