« 欧州の歴史もの映画2本 | トップページ | 大塚英志の『大学論』を読む »

2010年4月10日 (土)

「レバンテ」のカキの懐かしいおいしさ

昔、有楽町の駅前に「レバンテ」という一軒家の店があった。カキが食べたくなると連れだって出かけていたので、再開発で建物が壊されると知った時は悲しかったものだ。閉店前にもう一度と、会社の同僚たちと行ったのを覚えている。その店が国際フォーラムに移ったのは知っていたが、今回初めて行ってみた。

レストランの雰囲気は一変してずいぶん今風になっていたが、味は全く一緒だった。生ガキに、カキフライ、カキとほうれん草のグラタンにカキのピラフ。ちょっとくどいような、昔の洋食の懐かしい味で、涙が出そうになった。給仕人たちも颯爽としていて、「ボーイ」という名がぴったり。料理が出てくるのが早いのもいい。

B級グルメと称してどぎついラーメンを食べ歩いたりする趣味はないが、昔ながらのちょっと野暮ったい味は、何とも捨てがたい。その意味では「ビーフン東」に似ている。また行きたいと思ったが、あまり人が入っていないようでちょっと心配だ。有楽町時代はあんなに満員だったのに。あの風情ある建物が、サラリーマンに安心感を与えていたのかもしれない。あれは、建物と料理がピッタリだった。

|

« 欧州の歴史もの映画2本 | トップページ | 大塚英志の『大学論』を読む »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/537538/48032581

この記事へのトラックバック一覧です: 「レバンテ」のカキの懐かしいおいしさ:

« 欧州の歴史もの映画2本 | トップページ | 大塚英志の『大学論』を読む »