« 予想通り『母-オモニ-』に泣く | トップページ | シャガールを見直す »

2010年7月 8日 (木)

銀座で日本茶を飲む

日本に来たばかりの外国人と喫茶店に行って、「日本茶」を注文されて困ったことが何度かある。そういう時は「日本では日本茶は無料で出すから、お金を払って飲む習慣がない」とか適当に説明していた。しかしそれではペットボトル入りお茶の隆盛は説明できない。
自分でも、年を取ると人と打ち合わせるのにコーヒーは刺激が強すぎるので、日本茶の喫茶店が欲しいなと思っていた。先日、そんな店を銀座のど真ん中に見つけた。

「うおがし銘茶 銀座店 茶・銀座」という店で、新橋の試写で会った知り合いの美女に連れて行ってもらった。1階ではお茶を売っており、そこで五百円のチケットを買って上に登る。2階は煎茶、3回は抹茶らしい。
2階に行くと、モダンで薄暗い細長い空間の3隅に、長いベンチのようなものが置かれているだけ。そこに同じ方向を見て座ると、まず出てきたのは日本酒が一杯。銘柄は忘れたが、飲みやすいものだった。軽く酔ったところで、煎茶が運ばれてくる。静岡のお茶だった。こんなうまいお茶は久しぶりだ。それに小さなゼリーのお菓子もつく。飲む終わるとお代わりもついでくれた。最後にはほうじ茶が出てくる。何とも優雅な気分。これで五百円は安い。

見ていると、30代とか40代の女性が一人でやってきては、お茶を飲んで出てゆく。歩くのに疲れた時や、気分転換には抜群だろう。来るのはみなおとなしそうないい感じの女性ばかりだったので、今度は一人で来てみようと思った。

|

« 予想通り『母-オモニ-』に泣く | トップページ | シャガールを見直す »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/537538/48824545

この記事へのトラックバック一覧です: 銀座で日本茶を飲む:

« 予想通り『母-オモニ-』に泣く | トップページ | シャガールを見直す »