« 小説が書けない小説 | トップページ | ビクトル・エリセの本 »

2010年10月 3日 (日)

ゴッホに息を飲む

六本木の国立新美術館で始まったばかりの「ゴッホ展」を見た。ゴッホの油絵38点、版画・素描32点と点数が多いわけではないが、《アルルの寝室》など有名作品が揃っており、一緒に展示されている彼の同時代の画家たちの作品約50点も極めてレベルが高い。特に後半の狂ったようなタッチの絵に息を飲んだ。

まず入るとゴッホの自画像がある。中盤にももう1点あって、それだけで嬉しくなる。ゴッホの自画像は世界中にたぶん30点くらいあるが、日本には1点もない。画家の自画像はどれも興味深いが、とりわけゴッホの自画像は自らの狂気の跡が克明に表れていて、見ていて飽きない。

《アルルの寝室》は例の赤い床、黄色のベッド、青い壁を描いたもので、オルセーのものより少し大きく、こちらが最初の作品だ。会場にはその部屋が再現されていて笑ってしまった。ほかにも、静物、風景画など点描とうねるような線で描かれた作品が並び、見ていると次第に頭が混乱してくる。
おもしろいのは、ゴッホの絵がロートレックの絵のそばに並ぶとロートレックのように見えてくることだ。ゴーギャン、スーラ、ミレーなどみんなそうで、同時代の作品と呼応しながら描いていった跡が見えてくる。

この展覧会はオランダのゴッホ美術館とクレラー・ミュラー美術館の2館からのみの貸し出しだが、ことゴッホに関してはこの2館でも十分に成り立つ。あえて国内にあるゴッホ作品は含まれていないが、この2館からの名品だと国内の小品はない方がいいだろう。

3年前にモネ展、2年前にコロー展、去年はルノワール展があった。それぞれこれまでにない出品点数だった。そして今年は既にマネ展とオルセーのポスト印象派展があった。この展覧会と横浜で開催中のドガ展を見たら、もう印象派は制覇した感じになるのではないか。先日パリのマルモッタン美術館でモネを見た時も、妙に既視覚があって興味がわかなかったことを思い出した。

「ゴッホ展」は12月20日まで、1月に福岡、2月に名古屋に巡回。

|

« 小説が書けない小説 | トップページ | ビクトル・エリセの本 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/537538/49633205

この記事へのトラックバック一覧です: ゴッホに息を飲む:

» 旬感ゴッホ [ゴッホ]
ゴッホとにかく気になります。ゴッホについて毎日検索してしまうのです。今日はこのブログを見つけました。日本各地のイベント情報 展覧会/東京 没後120年 ゴッホ展こうして私は ...日本人が最も愛する画家のひとり、フィンセント・ファン・ゴッホ(VincentvanGogh1853-1890)。没後120周年を機に開催される今回の展示では、オランダのヴァン・ゴッホ美術館、クレラー=ミュラー美術館の2大コレクションの全面協力のもと、約120点の...... ゴッホに息を飲む: 闘いの後の風景六本木の国立... [続きを読む]

受信: 2010年10月 8日 (金) 17時40分

« 小説が書けない小説 | トップページ | ビクトル・エリセの本 »