« バルセロナ美食考 | トップページ | 小説家アンヌ・ヴィアゼムスキー »

2010年11月 7日 (日)

ゴダールのパワーに驚く

オリヴェイラが今年12月で102歳と言うが、ゴダールだって同じ12月に80歳になる。彼の新作『ゴダール・ソシアリスム』を見たが、相変わらずのパワーに驚いた。資本主義という20世紀の魔物に向かって、徒手空拳で戦いを挑んでいるかのような感じなのだ。

最初に白と赤の文字でクレジットが出てきて、黒地に赤でFilm Socialismeと題名が映る。いつものゴダール流だが、シンプルで美しい。物語らしい物語はない。第一楽章が豪華客船の中のさまざまな会話。エジプト、パレスチナ、オデッサ、ギリシャ、ナポリ、バルセロナへと船は(たぶん)進む。
どうも事件を追う刑事がいて、その鍵を握っているような老人がいる。世界中から来た観光客の醜さ。あるいは誰もいないホールで講演をするアラン・バディウ。少年と少女。引用される『戦艦ポチョムキン』を始めとするさまざまな映画。どうも20世紀の侵略の歴史を振り返っているようだ。スペイン内戦、欧州とアフリカ、ユダヤとアラブ、ソ連と少数民族。

第二楽章は、ガソリン・スタンドのマルタン一家に、テレビの取材が訪れる。バルザックの『幻滅』を読む女性。
こちらはフランスの歴史を振り返っているのか。

第三楽章は再び船に戻る。20世紀の歴史のみならず、人類の歴史まで振り返る。しかしそこにはアジアの歴史はない。ゴダールにとっては、アフリカや中東が限界だ。唯一アジアへの言及は「カミカゼというのは日本語で神の風という意味よ」という女性のセリフか。
旅の最後はバルセロナだが、これはどういう意味なのだろうか。バルセロナに行ったばかりなので気になる。
12月18日公開。

|

« バルセロナ美食考 | トップページ | 小説家アンヌ・ヴィアゼムスキー »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/537538/49947534

この記事へのトラックバック一覧です: ゴダールのパワーに驚く:

« バルセロナ美食考 | トップページ | 小説家アンヌ・ヴィアゼムスキー »