« 『手に職。』がうらやましい | トップページ | 「餃子スタジアム」に行く »

2011年2月12日 (土)

『毎日かあさん』を見る

正月明けに劇場に『酔いがさめたら、うちに帰ろう』を見に行った時に『毎日かあさん』の予告編を見て、そのベタな感じが嫌だったので試写を見ていなかった。最近になって関係者に、「騙されたと思ってみたら、後悔しない」と言われて雪の日に新宿ピカデリーに見に行った。結果は、損はしなかったが、それほどでもないと思った。

西原理恵子の実話まんがを映画化したものだが、夫の原作をもとに作られた『酔いがさめたら…』は全体が男の視点から描かれていたが、こちらは徹底して漫画家の妻を中心に物語が進む。そのせいか、全体がユーモラスでコメディタッチだ。

妻を演じる小泉今日子がいい。最初に出てきた時の表情から、明らかにどこか「強いおばさん」のオーラが漂っている。夫や子供に容赦なく罵声を浴びせる感じが小気味よく、見ていて嬉しくなる。二人の子供も馬鹿なところが何ともリアルで可愛らしい。
西原の漫画のシーンやセリフを使ったり、バンコクからアマゾンに移るシーンに、わざとらしいビニールの川を使ったりと、遊び心も一杯だ。

けれど、自分は見ながらどこかさめていた。西原理恵子の本を読んだり、『パーマネント野ばら』や『酔いがさめたら…』の映画化を見て、もうサイバラワールドはたくさんだ、という気分になっていたからかもしれない。あるいは長瀬正敏が演じるカモシダが、どこか悲劇的で作りもののように感じたからかもしれない。
丁寧に作られた映画でありながら、私の目にはどこか真実ではない、夢物語に映った。一緒に見た家人は「期待通り、良かった」と言っていたので、人によって差がある映画かもしれない。

どうでもいいが、休日の新宿ピカデリーには雪にもかかわらず、ずいぶん人がいた。現在日本で一番入っている映画館だそうだが、それを実感した。
ところで、あそこは3階の入り口でチケットをチェックした後は、各スクリーンではチェックしない。もし自分が時間がたくさんある学生だったら、こっそり何本も見るだろう。今はそんなハングリーな学生はいないのかな。

|

« 『手に職。』がうらやましい | トップページ | 「餃子スタジアム」に行く »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/537538/50845288

この記事へのトラックバック一覧です: 『毎日かあさん』を見る:

« 『手に職。』がうらやましい | トップページ | 「餃子スタジアム」に行く »