« 『毎日かあさん』を見る | トップページ | 『あしたのジョー』は期待ほどでは »

2011年2月13日 (日)

「餃子スタジアム」に行く

餃子が好きだ。2002年に池袋にできた「餃子スタジアム」には長らく行きたいと思っていたが、できた頃は混んでいる様子がテレビで映っていたので、行かないままになっていた。最近は職場が池袋に近くなったし、行きたいという同世代の友人がいたので初めて行ってみた。

サン・シャインのナムコ・ナンジャタウンの入口で300円の入場券を買って、「東京デザート共和国」などには目もくれず、まっすぐに「餃子スタジアム」に突き進む。入ったとたんに寂れた感じの屋台があって、ちょっとがっかりしたが、中を進むとおいしそうな餃子屋さんが並んでいる。とりあえず全部見ようと奥まで行くと、店が10数軒続いていて、ちょっとしたテーマパークのような昭和の飲み屋街も再現されている。

戻りながら、まずは「宇都宮来らっせ」で、6店の餃子盛り合わせを食べた。ちゃんと店の名前を書いたカードを横に置いてくれるので、「これがみんみん」などとわかる。「おおっ、これは違う」などと言いながら食べるが、生ビールを飲んでいろいろ話したのでよく覚えていない。本当ならそこでおいしかった餃子を6個とか注文すれば味がわかって良かったのだろうが、ほかの店も行きたくなって出た。

次に行ったのが「神田餃子店」。入口の大型の黒豚餃子の写真が気になったからだ。これとパリパリ餃子のセットを食べて、さすがにビールは飽きたので焼酎のロック。餃子は最初の一口はおいしいが、ゆっくり焼酎を飲んでいると餃子も冷えてきて、パリパリも脂っぽいだけになってくる。そのうえ、焼酎も安物が一種類で日本酒もなく、何となくお腹が一杯になって早々に餃子スタジアムから出てしまった。

結局その後でワインバーに行った。結論は、餃子は一口目はおいしいが、いくつも食べるものではないし、お腹が張るので酒を飲むには向かない。
そういえば、特大餃子が有名な銀座1丁目の「天龍」という店も、おいしいのは一口目だけだった。ランチはともかく、夜は行くものではない。だいぶ前に高田馬場の「ムロ」という有名な店にも行ったが、失望した記憶があった。

一緒に「餃子スタジアム」に行った友人も言っていたが、餃子に憧れるのは、貧乏な日本をかろうじて知っている我々の世代の郷愁かもしれない。

|

« 『毎日かあさん』を見る | トップページ | 『あしたのジョー』は期待ほどでは »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/537538/50856267

この記事へのトラックバック一覧です: 「餃子スタジアム」に行く:

« 『毎日かあさん』を見る | トップページ | 『あしたのジョー』は期待ほどでは »