« たぶん15点目くらいのフェルメール | トップページ | 映画『輝ける青春』が出てくる小説 »

2011年3月 7日 (月)

生パスタ好き

5、6年前に閉店になったが、かつて銀座に「トレ・コローネ」という名店があった。イタリア人シェフがいて、名物は生パスタだった。おいしい生パスタを食べたいと常々思っていたが、最近東銀座でめぐり合った。歌舞伎座裏の「オステリア・オロ」という店だ。

こちらは日本人シェフで食材も味付けもどこか日本風だが、タリアテッレやタリオリーニなどの生パスタが絶妙の食感でおいしい。日本には蕎麦やうどんの伝統があるから、自家製の生パスタは受け入れやすいのだと思う。この店はワインリストも作り手の名前や年も書いていないくらい大ざっぱだが、3000円台でおいしいワインがあって、好感が持てた。

考えてみれば、イタリア料理には麺があり、お米を使ったリゾットもあるので、フランスに比べると日本料理との親和性が強い。だから日本人はイタリア料理が大好きだ。しかしフランス料理が30年ほど前から日本料理の影響を強く受けてきたのに比べると、イタリア料理にはその兆しもない。

たぶん、イタリア料理にはある種の原理主義がある。マンマの味は変えてはならぬ、というような鉄則だ。私はタラコのスパゲッティが大好きだが、イタリア人で好きな人は知らない。
数年前のイタリア映画祭の時に、イタリア大使館で開かれたパーティーの時のこと。当然イタリア人のシェフが作っていたが、日本人客が多いこともあってか、タラコのパスタがあった。イタリアから来た中年の映画俳優がそれを口にして怒った。「こんな妙なパスタを大使館で出すとは!」。

今は菜の花の季節で、これにアサリを加えてにんにくと唐辛子とオリーブ・オイルであえると、春らしいさっぱりしたパスタになる。日本風のイタリア料理を前面に出すハイレベルの店があれば、きっと流行ると思うのだが。

|

« たぶん15点目くらいのフェルメール | トップページ | 映画『輝ける青春』が出てくる小説 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/537538/51054764

この記事へのトラックバック一覧です: 生パスタ好き:

« たぶん15点目くらいのフェルメール | トップページ | 映画『輝ける青春』が出てくる小説 »