« 池袋にもいい飲み屋が | トップページ | 「辺境」映画ふたたび »

2011年3月28日 (月)

飛行機に乗り遅れる悪夢

今日は映画のことを書こうと思っていたら、いつも感想を記しているノートがいくら探しても見当たらない。そこでとりあえず、今朝がたに見た夢のことを書く。飛行機に乗り遅れる話で、最近よく見る夢だ。今朝のバージョンはパリだった。パリが多いが、ほかにはベネチアとアムステルダム、成田などがある。

ある「偉い人」に会っている。言うべきことが言えなくて、時間だけが過ぎる。結局時間切れで目的が果たせないまま、頭を下げて去って出た。ホテルに戻って、スーツケースを持って空港に行かなければならない。あわててタクシーに乗る。すごい渋滞だ。失敗した会見の後悔が蘇る。日本から持ってきた「偉い人」へのお土産も渡し忘れた。タクシーの運転手は渋滞に抗議するために、出て行ってしまった。ああ、飛行機に間に合わない。

飛行機に乗り遅れる夢は、だいたい出張の失敗の話と結びついている。かつて海外との仕事が多かったので、そのストレスが今頃出ているのだろう。職場でよく言われたものだ。「また外国?本当に用事あるの」。

夢とは関係ないが、昨日初めて薄型テレビを買った。地デジ対応とやらで、ようやく重い腰を上げて買いに行った次第。これまでは小さなブラウン管で、地デジはおろか、ブルーレイもハイビジョンもなかった。
有楽町のビックカメラで何時間も過ごす。まるで百貨店の有名ブランドと同じで、メーカーごとに販売員がいるため、客観的に比べることができない。こちらは液晶とプラズマの違いも知らなかったので、販売員も驚いていた。そこで見た映像の中に、パリの風景があった。ハイビジョンで鮮明に撮ったものだ。リュクサンブール公園あたりだったが、それがどうも夢に反映されたようだ。

映画の記憶は時間がたつと夢に似てくる。あるいは、夢に出てくる。とくに会社員を辞めてからは目覚まし時計をかけないことが多くて寝たいだけ寝るので、夢を見ることが多くなった。過去のできごとと映画が混じる。それこそ「闘いの後の風景」だ。
それにしてもノートを見つけなければ、明日も夢の話になってしまう。


|

« 池袋にもいい飲み屋が | トップページ | 「辺境」映画ふたたび »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/537538/51236543

この記事へのトラックバック一覧です: 飛行機に乗り遅れる悪夢:

« 池袋にもいい飲み屋が | トップページ | 「辺境」映画ふたたび »