« 永青文庫の達磨図を見る | トップページ | 東電の特異な位置 »

2011年5月11日 (水)

河瀬直美、完全武装でカンヌへ

今日からカンヌ国際映画祭。日本からは三池崇の『一命』と河瀬直美の『朱花(はねづ)の月』がコンペに選ばれている。そのうち『朱花の月』を先日試写で見た。いかにもカンヌに向けて完全武装したような作品だ。

まずは、自然の中で生きる現代の人間を描く。冒頭と終わりの工事のシーンの泥とは対照的に、奈良の美しい自然が全編にわたって見せられる。登場人物たちもエコで今風だ。二人の男は会社員ではなく、自由な仕事をしながら、食事も作る。素材にこだわった和風の自然な食べ物。エコな生き方への共感は万国共通だろう。

そして河瀬監督らしい、女性の生き方。大島葉子演じる主人公は、夫と別の男を好きになり、子供を作ろうとする。自転車で男を追いかけ、するりと裸になり、小さな胸を何度も見せる。明川哲也(ドリアン助川)演じる夫は絶望する。女性の圧倒的な勝利。これもまた万国共通。

その道ならぬ恋愛は、戦時中の恋愛に結びつく。「赤紙が来た」という話は、『キャタピラー』でも『一枚のはがき』でも日本のイメージとして強烈だった。日本らしさのシンボルだ。

さらにその恋愛は、万葉集を通じて古代の時代にまで結びつく。その強い神話力。何度も読まれる万葉集の歌の数々。終わりには、藤原京という古代の都についての説明もつく。ここで日本らしさが世界の神話に結び付く。

もちろん、撮影はいつもながら手持ちカメラで、登場人物を舐めるように映す。この手作り感覚は、作品のテーマと一致している。

さてこの完全武装で、カンヌを制覇できるか。日本公開は9月3日。

|

« 永青文庫の達磨図を見る | トップページ | 東電の特異な位置 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/537538/51639841

この記事へのトラックバック一覧です: 河瀬直美、完全武装でカンヌへ:

« 永青文庫の達磨図を見る | トップページ | 東電の特異な位置 »