« 夫婦50割引を使う | トップページ | 「タレント・キャンパス・トーキョー」は二流の証明 »

2011年6月29日 (水)

企業の売り上げ

『週刊文春』で坪内祐三氏が取り上げていたのが、『帝国データバンクのパッとわかる業界地図』。文庫本紹介の欄というのが笑えるが、さっそく買ってみると確かにおもしろい。いわゆる有名な企業というのと、売り上げは結びつかないことがよくわかる。

出版業界で売り上げが一番多いのは、角川グループで1401億円。次は集英社1305億円、講談社1233億円、小学館1177億円と続く。驚くのは、新潮社が297億円、文藝春秋が275億円と大きな差があることだ。この2つはより文学系のイメージだが、講談社とこれほど差があるとは思わなかった。角川は映画部門も含めての数字だ。

純粋な出版社ではなく、情報系だともっと大きい。ベネッセが4066億円、リクルートが3189億円、ぴあだって927億円もある。ベネッセは進研ゼミが大きいのだろうが。

映画業界だと東宝が1990億円。東映1088億円、松竹903億円。ちなみにアスミック・エースが87億円、日活が64億円。日活が日本テレビの子会社になっていたとは知らなかった。角川が大映やヘラルドを買収できたのは、全体で東映や松竹を上回る売り上げだったからだとわかった。

テレビはNHKが6742億円、フジが5897億円、TBSが3428億円、日テレが2979億円、テレ朝が2354億円。やはり映画や出版業界より大きい。

広告はもっと大きい。電通が1兆8334億円、博報堂が9365億円、アサツーディ・ケイが3466億円。

自動車はさらにすごい。トヨタが18兆9937億円。日産が8兆7731億円。なんだかわからなくなってきた。

この本には書いてないが、社員の給料は会社の売り上げとまた別である。この中で高いのは電通、フジ、講談社ではないか。たぶん新潮社の平均給与はトヨタより高いだろう。会社の知名度と規模と給与の関係は複雑だ。

|

« 夫婦50割引を使う | トップページ | 「タレント・キャンパス・トーキョー」は二流の証明 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/537538/52072678

この記事へのトラックバック一覧です: 企業の売り上げ:

« 夫婦50割引を使う | トップページ | 「タレント・キャンパス・トーキョー」は二流の証明 »