« 転換点としての1989年 | トップページ | 久しぶりのトーハク »

2011年6月 4日 (土)

ステロイド剤を塗る

高校生の時に一度だけ長期入院したことがあるが、それ以外はほぼ病気知らずだ。病院は人間ドックに行く以外は、十年以上行っていない。ところが最近になって厄介な症状が出始めた。耳が痒い。

一年ほど前からだろうか、やたらに耳かきを使うようになった。シャワーを浴びた後にタオルで強くこすると、何やら白い粉のようなものまで出てくる。これは病気かもしれないと思った。

そうしたら家人も似たような症状があるらしく、病院に行ったという。もらってきたのが「リドメックス」という商品名の軟膏だ。「外用副腎皮質ホルモン剤」と書かれている。それをつけたら少し良くなったというので、私も塗ってみた。

2、3日塗っただけで、耳が痒くなくなった。これはすごい。耳かきも使わなくなった。あまりに効果が劇的なので不安になってインターネットで調べてみた。そうするとこれはいわゆる「ステロイド剤」ということがわかった。副作用もあるという。

アトピー性皮膚炎の人に処方されるもので、長期間使うと効かなくなって、より強いものが必要になるという。1から5まで強度があって、「リドメックス」という商品は、3に当たるようだ。使うのを急に止めると、リバウンドも大きいという。

何だか原発みたいで、怖くなった。根本的な治療は食生活の改善らしく、これまた太陽熱や風力発電のようなものだ。
それにしても、インターネットで何でも解説してあるのも、いいような悪いような。医者を信用できなくなってしまう。

|

« 転換点としての1989年 | トップページ | 久しぶりのトーハク »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/537538/51849853

この記事へのトラックバック一覧です: ステロイド剤を塗る:

« 転換点としての1989年 | トップページ | 久しぶりのトーハク »