« 久しぶりのトーハク | トップページ | パチンコの市場規模 »

2011年6月 6日 (月)

ホラー映画は苦手だが

ホラー映画は苦手だ。もともと怖がりだし、実を言うと血を見るのも嫌だ。そんな私が気にいってしまったのが、8月5日公開のアメリカ映画『モールス』。スェーデン映画『ぼくのエリ 100歳の彼女』のリメークらしいが、オリジナルを見ていなくても文句なくおもしろかった。

最初から男が病院から飛び降りる。音楽もホラー映画調なのでこれは苦手かと思ったが、見ていると随所にエレガントな演出が光る。例えば、車が交差点で交通事故に巻き込まれる様子を、あくまで車の中から見る。あるいはプールの水中にいて、外で4人も殺されるのを見る。音と光だけの何とも繊細な恐怖だ。

少女が吸血鬼だということが、物語の途中までわからない。映画が終わってみるとすべてが納得がいくし、ラストの列車のシーン意味を考えると慄然としてしまうのだが、そのわからなさがいい。なぜ人が殺されるのかわからないが、どの殺人も妙に美的だし、少年と少女のやりとりの中ですべてを許してしまう。

監督はマット・リーヴスだが、とんでもない才能だ。前作の『クローバーフィールド/HAKIASHA』を見ていないので、見てみたい。友人に話すと、この映画のいいところが、オリジナルの『ぼくのエリ 100歳の彼女』にそのままあるようなので、こちらも見てみたい。

|

« 久しぶりのトーハク | トップページ | パチンコの市場規模 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/537538/51869318

この記事へのトラックバック一覧です: ホラー映画は苦手だが:

« 久しぶりのトーハク | トップページ | パチンコの市場規模 »