« イオセリーニに酔う | トップページ | 夫婦50割引を使う »

2011年6月27日 (月)

上品な目白の和食

勤務先が池袋方面ということもあって、その近くで飲むことが増えた。最近行って気にいったのが、目白の「季」(とき)という和食の店。目白は住宅街というイメージがあるが、この店はまさに通りの喧騒から離れたところにひっそりと立つ、上品な店だ。

個人宅のような竹に囲まれた木戸を開けると、短い石畳があり、その奥に店がある。中は黒をベースにしたモダンな印象だ。店内は縦長で狭くて、テーブルが4つだったと思う。

コースのみで、我々はお勧めの季膳コースを頼んだ。出てくるものが、どれも控え目な感じだがうまい。お椀に浮かぶ鱧の食感を楽しみ、焼き物の太刀魚の塩と酢橘の混ざり具合を味わう。そして濃厚な賀茂ナスの田楽。

特に凝った料理はなく、季節のおいしいものが淡々と出てくる。量も少なめで、胃に優しい。料理は女性が一人静かににこやかに運んでくれるが、いつの間にかいなくなる。

店の場所、外観や内装、料理、給仕すべてに控え目な上品さが漂っている。客も自然と静かになる。いつもは飲んで騒いでばかりいるが、たまにはこういう店もいい。

|

« イオセリーニに酔う | トップページ | 夫婦50割引を使う »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/537538/52055097

この記事へのトラックバック一覧です: 上品な目白の和食:

« イオセリーニに酔う | トップページ | 夫婦50割引を使う »