« ハウスクリーニングを頼む | トップページ | 夏は鱧 »

2011年8月24日 (水)

「こんな人いるなあ」という映画

年をとると、映画を見て身につまされることが多い。映画の一シーンに、「こんなことあったなあ」と思い出す。11月に公開されるマイク・リーの『家族の庭』は、どの登場人物もまさに「こんな人いるなあ」という感じで、見ていて他人事とは思えなくなってくる映画だ。ロンドンが舞台の話なのに。

主人公の夫婦、トムとジェリーはたぶん50代で、仕事と生活を楽しみ、バランスの取れた生活を送っている。彼らの息子もようやく彼女を見つける。映画は彼らの普通の一年を、まわりの人々と共に淡々と描く。

まわりの人々は彼ら夫婦ほど幸せではない。ジェリーの職場の同僚メアリーは、男運に恵まれず、ワインとタバコが手放せない。見ていて本当にイタイ存在だ。トムの幼馴染のケンはもまた独身で、アル中だ。メアリーに迫るが、相手にされない。

春、夏、秋、冬と4部に分けて進んでゆくが、最後の「冬」でトーンが一変する。トムの兄ロニーの妻が亡くなって、トムたちは地方のロニーの家に行く。その家の暗いことと言ったら。憔悴しきったロニーに、葬儀の途中で現れた息子が罵りの言葉を浴びせる。人生では、よくある場面だ。トムはロニーを自分の家に誘う。そこで出会うメアリー。

「秋」まででちょっと単調になりかけた物語が、「冬」で新しい過酷なリアリティが現れて、ぎゅっと引き締まる。考えてみたら、冒頭にもイメルダ・スタウントンが出てくるもう一つのきつい物語が挿入されていた。この展開の巧みさ。

結局一年たっても、何も解決していない。しかしみんなそれぞれの状況の中で、どうにか生きてゆく。そして見ている我々は「こんなことあったなあ」と思いながらスクリーンを後にする。原題のAnother Yearは、まさに「こうしてまた一年が過ぎた」という感じだ。巨匠の熟練の技が味わえる一本。

|

« ハウスクリーニングを頼む | トップページ | 夏は鱧 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/537538/52554065

この記事へのトラックバック一覧です: 「こんな人いるなあ」という映画:

« ハウスクリーニングを頼む | トップページ | 夏は鱧 »