« 「孫文と梅屋庄吉」展に失望 | トップページ | またも「辺境の映画」にやられる »

2011年8月 7日 (日)

「黒ネコのタンゴ」はイタリアの歌だった

昨日の「朝日」朝刊でおもしろかったのは、別刷beの「うたの旅人」。私が子供の時大流行した「黒ネコのタンゴ」は、もとはイタリアの歌だったという話だ。そして記者は40年前にそれを歌った女性に会いに行く。まさかと思った。

イタリアの子供の歌コンテストで1969年に入賞した曲が、レコード化されて大ヒットし、それを同じ年に日本でカバーしたらしい。イタリアで歌ったのは4歳の女の子で、日本版は6歳の皆川おさむ。

「タンゴ!タンゴ!」と繰り返すところは原版は「ネロ(黒)!ネロ!」となる。ちなみに内容は黒ネコが欲しいと言ったのに、白ネコをくれた君は嫌い、というもの。日本版と全く違う。

圧巻はイタリアでその曲を歌った現在46歳の女性に会いに行くところだ。しかもその女性は、南イタリアで売春斡旋と麻薬売買で実刑判決を受けていた。これはヤバい。ところが弁護士を通じてインタビューを申し込むと会ってくれた。小さい頃に天才少女と騒がれて、それが一生付きまとってきた人生を語る。

さらに記者は日本で歌った皆川おさむに会いに行く。こちらも普通の人になっていたが、ずっと「黒ネコ」が付きまとった、と語る。そしてイタリアの元歌手のメッセージを伝える。「あの歌は二度と歌いたくなかった。でも、おさむとならデュエットしたい」。皆川は「彼女と歌えるなら僕がイタリアに行きたい」。

これこそ新聞記者しかできない行動力だ。こういう突撃記事をもっと読みたい。これを読んだら、テレビ局が動くのではないか。この2人の出会いは見たい。

ちなみにユーチューブでは、イタリアの歌も日本の歌もアップされている。韓国版もあって、こちらは繰り返しが「ネロ!ネロ!」なので、原版に近そうだ。現在の2人の顔写真も画像検索で出てくる。

|

« 「孫文と梅屋庄吉」展に失望 | トップページ | またも「辺境の映画」にやられる »

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/537538/52412022

この記事へのトラックバック一覧です: 「黒ネコのタンゴ」はイタリアの歌だった:

« 「孫文と梅屋庄吉」展に失望 | トップページ | またも「辺境の映画」にやられる »