« パリの空港で見る日の出 | トップページ | つぶれそうなベネチア国際映画祭:その(1) »

2011年9月 1日 (木)

羽田発の国際線に乗る

羽田から00:35分発の日航機でベネチアに着いた。羽田発の国際線は初めてだが、こんなに便利だとは思わなかった。自宅から定額制のタクシーで6000円。夕食後にシャワーを浴びて22時に自宅を出たが、余裕だった。これはもう成田は使う気がしない。

日航を選んだのは、羽田便に乗りたかったこともあるが、最近フランス関係で嫌なことが続いたのでエール・フランスに乗りたくなかったことや、このご時世、少しでも日本に金を落としたいと思ったこともあった。

最近は年なので少し値段の高いプレミアム・エコノミーに乗るが、日航のビジネスラウンジは変だった。寿司やビーフシチューなどやたらに食べ物が多い。夜中の11時や12時に誰が食べるだろうか。そのくせシャンパンはスパークリングワインだし、ワインもひどい安物だった。これは違う。

ぐっすり寝て、乗り換えのパリに朝6時頃着いた。気温10度で寒い。最初は暗かったが、だんだん明るくなって、太陽が昇るのを見た。180度ガラス張りのターミナルなので、何だか荘厳な感じだ。頬まで暖かくなるほどの太陽熱で、まるで登山したみたいに心地よかった。

ベネチアは空港から水上バスでリド島に入る。遠くに島が見えて、妙に曇った感じなのは映画『ベニスに死す』の冒頭と同じだ。船乗りやホテルの人が適当に観光客をだましている感じも、映画の通り。

これから一週間ほど、映画祭のことを書く。書くことがない日は、本や日本で見た映画について触れるかもしれない。

|

« パリの空港で見る日の出 | トップページ | つぶれそうなベネチア国際映画祭:その(1) »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/537538/52619072

この記事へのトラックバック一覧です: 羽田発の国際線に乗る:

« パリの空港で見る日の出 | トップページ | つぶれそうなベネチア国際映画祭:その(1) »