« まだまだおかしい東京国際映画祭:その(2) | トップページ | まだまだおかしい東京国際映画祭:その(3) »

2011年10月24日 (月)

ル・クルーゼをオーブンに入れる

最近作った料理で、一番簡単でおいしかった「豚肉の牛乳煮」について書く。これは少し前の『エル・ア・ターブル』という月刊料理雑誌に、平野由希子さんが紹介していたもので、ル・クルーゼ鍋をオーブンに入れて作る。

平野さんは、ル・クルーゼの鍋を使った料理本を出していて、愛読している。だいぶ前に買った(のではなく、スーパーのポイントを集めてゲットした)ル・クルーゼの鍋が少し痛んできたので、今度は円形の鍋をもう一つ買った(本当に)。アマゾンで買うと2割引きだった。

料理は簡単。豚肩ロースの塊(500g前後)に塩をふって一晩おく。ル・クルーゼ鍋にバターを入れて肉を炒める。そこに牛乳を800ccそそぎ、にんにく一片とセージ7、8枚を入れる。あとは鍋にふたをしたまま、180度のオーブンに入れて1時間半。これだけ。マッシュポテトを添えるといい。

ル・クルーゼ鍋とオーブンが必要だが、それさえあれば、手はほとんどかからない。実働5分といったところ。近所のスーパーにセージがなかった時にローズマリーで代用したが、それはそれでおいしかった。これまで5回ほど作ったが、絶対に失敗はない。

それにしてもル・クルーゼ鍋はすばらしい。2万円くらいするが、2つ目を買うのに躊躇しなかった。最近はご飯も炊いているが、ウチの古くなった炊飯器よりずっとおいしい。

|

« まだまだおかしい東京国際映画祭:その(2) | トップページ | まだまだおかしい東京国際映画祭:その(3) »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/537538/53070546

この記事へのトラックバック一覧です: ル・クルーゼをオーブンに入れる:

« まだまだおかしい東京国際映画祭:その(2) | トップページ | まだまだおかしい東京国際映画祭:その(3) »