« 去年心に残った映画:劇場公開編 | トップページ | 路面電車の心地よさ »

2012年1月 2日 (月)

去年心に残った映画:未公開編

昨年、内外の映画祭で見たが、劇場公開がきまっていないものについて書いてもおきたい。最近は外国映画の公開本数が毎年減っているので(この5年で約400本が300本になった)、海外の映画祭で賞を取っても公開がされない映画が増えた。

イタリア映画祭2011
「ぼくたちは信じていた」(マリオ・マルトーネ)
「ぼくたちの生活」

ベネチア国際映画祭
「おとなのけんか」Carnage(ロマン・ポランスキー)公開=ソニー
「情熱の夏」En ete brulant(フィリップ・ガレル)公開=ビターズ・エンド
「動かぬ大地」Terraferma(エマニュエル・クリアレーゼ)
「紙の旅」Il viaggio di cartone(エルマンノ・オルミ)
「ダークハウス」Dark House(トッド・ソロンズ)
「オルマイヤーの阿房宮」(シャンタル・アケルマン)
「シンプルライフ」Simple Life(アン・ホイ)

パリ
「若き日の恋」Un amour de jeuness(ミア・ハンセン=ラヴ)
「法王決定」Habemus Papem(ナンニ・モレッティ)公開=ギャガ
「私が住む肌」La piel que habito(ペドロ・アルモドバル)たぶん公開

飛行機
「ミッドナイトインパリ」Midnight in Paris(ウディ・アレン)たぶん公開
「メランコリア」Melancholia(ラース・フォン・トリアー)公開=ブロードメディア

山形
「アプダ」(ホー・ユエン)
木村栄文演出テレビ作品:何と公開
「名前のない男」(ワン・ビン)
「ネネット」(ニコラ・フィリベール)公開
「失われた町のかたち」(ジョン・ジョスト)

東京国際映画祭
「黒澤 その道」(カトリーヌ・カドゥー)
「飼育」(リティ・パニュ)
「メカス×ゲリン 往復書簡」
「アルバート・ノッブス」(ロドリコ・ガルシア)たぶん公開
「より良き人生」(セドリック・カーン)
「プレイ」(リューベン・オストルンド)

東京フィルメックス
「これは映画ではない」(ジャファル・パナヒ)
「フライング・フィッシュ」(サンジーワ・プシュパクマーラ)

|

« 去年心に残った映画:劇場公開編 | トップページ | 路面電車の心地よさ »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/537538/53606581

この記事へのトラックバック一覧です: 去年心に残った映画:未公開編:

« 去年心に残った映画:劇場公開編 | トップページ | 路面電車の心地よさ »