« 元ロック歌手のショーン・ペン | トップページ | 実はおもしろい「文化庁メディア芸術祭」 »

2012年2月24日 (金)

同世代のライターが亡くなった

一昨日、同世代の知り合いのライターが亡くなった。知り合いといっても、雑誌編集者だった奥さん経由で何度か会っただけだが、気になる人だった。その死に方を聞いて、彼らしいと思った。

朝7時頃に起きた奥さんが、彼がいないことに気がついたという。その後警察から列車事故の連絡があった。家の中を調べてみると、もらったばかりの高血圧の薬が大量になくなっていた。

明け方に起きてしまい、眠れない。発作的に薬を大量に飲んでしまう。そしてふらふらと家を出る。明るくなり始めた道を歩き、気がつくと線路にいた。そんな姿を勝手にイメージしてしまう。

1990年代後半には、本を何冊も出してかなりの売れっ子だったはずだ。朝日新聞で何かの流行にコメントを出していたこともあった。その後はあまり名前を聞くことがなくなったが、最近は電子出版で本を出すという話も聞いていた。

10年ほど前から、屋久島とか高知とか南の方に関心が向き、何度も旅行していたらしい。もうすぐ移住する計画もあったという。21世紀の日本から逃れたい感じがあった。今はなき恵比寿のガーデンシネマにウッディ・アレンの映画を見に行った時に、隣の三越の中で偶然に会ったことがある。映画を見ないか誘ったが、「乗り気がしない」と断られた。その映画の題名が思い出せない。

朝の明るい光を浴びながら、ふらふらと線路の上を歩く彼の姿を想像すると、泣けてくる。

|

« 元ロック歌手のショーン・ペン | トップページ | 実はおもしろい「文化庁メディア芸術祭」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/537538/54060785

この記事へのトラックバック一覧です: 同世代のライターが亡くなった:

« 元ロック歌手のショーン・ペン | トップページ | 実はおもしろい「文化庁メディア芸術祭」 »