« 今度のウディ・アレンは? | トップページ | 三蔵さんが亡くなった »

2012年3月 2日 (金)

トルコのパスタ

トルコのパスタを食べた。トルコに行ったわけでも、トルコ料理店で食べたわけでもない。正確に言うと、トルコ製のリガトーニ(穴の開いた太いマカロニ)が安かったので買ったら、実においしかった。近所にできたばかりのディスカウントショップで、大きな袋が98円。

袋を見ると、Made in Turkyと書かれている。トルコのパスタとは聞いたことがないので大丈夫かなとも思ったが、得意の怖いもの見たさで、買ってみた。この大きさでイタリア製だと普通は400円前後。ついでに近くにあったトマト缶も買った。これはイタリア製だが、何と58円。通常は150円くらいで、時々スーパーなどで100円で売っていると、いくつも買い溜めしていたものだ。

そのトマト缶を使って、ニンニクや玉ねぎを加えてソースを作り、トルコのリガトーニを茹でて加えた。普通においしい。パスタを噛んだ感触も、イタリアのものと全く変わらない。その時に買ったコーヒー豆は一袋258円だったが、普通のスーパーだと350円から450円する。食後にこちらを淹れてみると、ちゃんと香りがしてうまい。何だこれは。

行ったディスカウントショップは、「業務スーパー」という身も蓋もない店名だった。その横に大きく「一般の方もどうぞ」と書かれている。店内は段ボール箱が積み重なり、いかにもプロ用という感じだ。買った商品を見るとすべて「輸入元:神戸物産」と書かれている。さっそくネットで調べてみると、業務用スーパーの最大手で、「業務スーパー」という商標で、全国に600店舗を展開していることがわかった。昨年末の決算で売り上げは、何と1500億円を越している。これは昨年度の映画興行収入の総額に近い。

そのホームページを見ると、北海道に大規模な自社農場を持ち、エジプトや中国に事務所を置いていた。トルコのパスタはエジプト事務所が買い付けてきたのだろうか。これまで「肉のハナマサ」など安いと思っていたが、その比ではない。デフレの日本では、こんな商売が伸びているのだろう。

それにしても、安いものを買う快感とは何だろうか。酒を飲めば平気で1万円札を出しているのだから、98円のパスタに喜ぶのはおかしいはずだが、何とも嬉しい。快感の精神構造は複雑だ。

|

« 今度のウディ・アレンは? | トップページ | 三蔵さんが亡くなった »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/537538/54119552

この記事へのトラックバック一覧です: トルコのパスタ:

« 今度のウディ・アレンは? | トップページ | 三蔵さんが亡くなった »