« 『メルトダウン 福島第一原発事故』の資料的価値 | トップページ | 地に足のついた現代美術:野田裕示展 »

2012年3月14日 (水)

この冬、まだふぐを食べていない人へ

かれこれ15年くらい住んでいるが、神楽坂は奥が深い。ミシュランガイドに載るような「石かわ」や「小室」、「山さき」のような店もあるが、それらは値段が高すぎたり、予約が大変だったりする。ところがミシュランを含めてあまりガイドに登場しない店でも、名店は星の数ほどある。「宮した」はその一つ。

今ならふぐコースがお得だ。8000円でふぐ刺しから唐揚げ、ふぐちりに雑炊がつく。もうすぐ春だが、この冬にフグを食べていない人は、今すぐ駆けつけるべきだろう。

8000円でふぐコースならほかにもあるよ、という人はいるだろう。間違っている。まずふぐ刺しを見たら、驚くだろう。今回は5人で出かけたが、最初直径30センチ程の皿が来た時、「少な目だな」と感じた。5人前と思ったのだ。ところがそれは1人前。食べても食べてもなくならない。それでもおいしく、食感がいいので食べてしまう。唐揚げに至っては、げんこつくらい大きな塊が20センチくらいの長さ。もうこれでギブアップ。

もう食べられないと思ったが、鍋も雑炊もスーッとたいらげた。ふぐ刺しの前に先付が2回出てくる(煮こごりは特筆もの)ので、ものすごい量を食べたはずだが、なぜかデザートまで入ってしまった。翌朝起きても、全く快調だった。

年を取ると大食いは体に悪いが、「宮した」ならば、大丈夫。いい料理はもたれない。店は雑居ビルの2階だし、内装も普通だが、味とサービスは抜群だ。昼の千円の日替わりを食べただけでも、その実力はわかるだろう。

|

« 『メルトダウン 福島第一原発事故』の資料的価値 | トップページ | 地に足のついた現代美術:野田裕示展 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/537538/54217464

この記事へのトラックバック一覧です: この冬、まだふぐを食べていない人へ:

« 『メルトダウン 福島第一原発事故』の資料的価値 | トップページ | 地に足のついた現代美術:野田裕示展 »