« なぜか『金閣寺』を読む | トップページ | 『実録阿部定』は、よくできた恋愛映画だった »

2012年5月21日 (月)

それでもティム・バートン

ティム・バートンの新作『ダーク・シャドウ』は評判が悪い。新聞を見ても、読売は主要3本の中に挙げたが、毎日はやや小さめ、日経はミニ評で、朝日は全く触れていない。それでもティム・バートンだから、と封切り2日目に出かけていった。

冒頭からナレーションで18世紀からのコリンズ家の歴史が滔々と語られる。そして200年後、1972年のアメリカに蘇ったのがジョニー・デップ演じるバンパイヤのバーナバス。一瞬これがジョニー・デップかと驚くような白塗りだが、顔を見ているだけでおかしくなる。

彼がバンパイヤである必然性があるのかわからないほど、全体に間が抜けている。コロンズ家を仕切るエリザベス役のミシェル・ファイファーの不思議な余裕、かつてバーナバスに捨てられ、コロンズ家と敵対するアンジェーリーク(エヴァ・グリーン)の滅茶苦茶ぶり、住み込みの精神科医を演じるヘレナ・ボナム=カーターのおかしさ(いる意味さえわからない)など、出てくるたびに笑ってしまう。そして凝りに凝ったゴシックの豪邸に、彼らの派手派手の衣装。

コリンズ家の子供たちは、なぜか『ヒューゴの不思議な冒険』の2人。特にラストにバンパイヤになってしまうクロエ・グレース・モリッツのふざけた切れ具合がたまらない。カーペンターズのヒット曲「トップ・オブ・ザ・ワールド」を放映中のテレビをジョニー・デップが覗き込み、「この箱は何だ」と言うと、クロエは「バカじゃないの」。彼女がパーティならアリス・クーパーを呼んで欲しいというと、本物が来てしまう。

映画の最後に「ダン・カーティスに捧げる」と出てくる。60年代末から70年代にかけて流行ったテレビシリーズ「ダーク・シャドウ」のディレクターtらしい。いかにもそういう下敷きがありそうな映画だった。それらを見ていたらもっとおもしろかっただろうが、私は十分楽しめた。ラストの謎のショットもいい。

そういえば、新聞はどこも『ファミリー・ツリー』を大きく取り上げていた。私にはいやな感じの保守的、懐古的な思想に裏付けられた、ハワイの観光映画にしか見えなかったが。

|

« なぜか『金閣寺』を読む | トップページ | 『実録阿部定』は、よくできた恋愛映画だった »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/537538/54762023

この記事へのトラックバック一覧です: それでもティム・バートン:

« なぜか『金閣寺』を読む | トップページ | 『実録阿部定』は、よくできた恋愛映画だった »