« 戦後史を読む:『日中国交正常化』 | トップページ | 陰りゆく「フランス映画祭」 »

2012年6月22日 (金)

「6月病」か

かつて、「5月病」というのがあった。大学の新入生や企業の新入社員が5月になると「こんなはずじゃなかった」と悩むというやつだ。大学に勤めて今年で4年目だが、大学の4年生には「6月病」があるのではないかと思うようになったこの頃だ。

大学は4年生になると単位も少なく、卒業論文や就活が中心になる。これまでは、何でも友達と一緒だったが、急に毎日一人で過ごすことが多くなる。そして6月になると、内定が決まった友人も出てくる。「えっ、いつの間に受けていたの!」。そんななかで自分は2、30社に断られ、もはやどうしていいかわからない。

一方、4月に卒論を書き始めた時は、「これを書きたい」というのが漲っているが、6月くらいになると、その情熱も失せてくる。序論まではいいが、その後が続かない。なんだかすべてが面倒くさくなり、先送りしたくなる。

毎年今頃になると、こんな学生に何人も会う。6月の梅雨の不安定な天気もあるだろう。その多くは7月になると、また元気が出てくる。カッと太陽が照ると、明らかに何かが刺激されるのだろう。

今は、言うべきことは言いながらも、いつもより優しい言葉をかけるようにしている。そうしないと、ポッキリ折れてしまいそうだから。内定の1つでももらえれば、すべては変わるのだが。

昔は就職なんて、4年の夏休みからだった。私は7月末にフランスから帰ってきて、それからでも十分に間にあった。3年生の今頃から就活なんて、なんという時代だろう。

|

« 戦後史を読む:『日中国交正常化』 | トップページ | 陰りゆく「フランス映画祭」 »

大学」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/537538/55023279

この記事へのトラックバック一覧です: 「6月病」か:

« 戦後史を読む:『日中国交正常化』 | トップページ | 陰りゆく「フランス映画祭」 »