« 憂鬱な読書:『陰謀史観』 | トップページ | パンチカードとナチ »

2012年6月 8日 (金)

普通の居酒屋

最近、普通の居酒屋が少なくなった。年を取ると、作務衣を着てインカムを付けた若者がプラスチックのメニューを持ってくるような店には行きたくない。先日、フランスから来た友人と夕食をするのに「イザカヤ」と言われて、はたと困った。

泊まっているのは渋谷のセルリアンホテル。あの辺りにまともな居酒屋はなさそうだが、ネットでいろいろ調べて行った「のんきや」という店は当たりだった。

桜丘町の線路に近い、寂しい通りにある店だが、入った瞬間、安心した。店の雰囲気や大人を中心とした客層に、どこか真っ当さが感じられたから。

食べ物はどれも安く、普通においしい。枝豆、刺身、天ぷら、水餃子など。酒も安い。そして店員が親切で、店の居心地もいい。3人で相当に飲んで食べたが、1人4千円ちょっと。ユーロスペースが円山町に移ってから渋谷のこちら側はあまり来ないが、いい店を見つけた。

こんな普通の居酒屋はあまりない。銀座の「樽平」や神楽坂下の「もー吉」くらいしか思いつかない。

|

« 憂鬱な読書:『陰謀史観』 | トップページ | パンチカードとナチ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/537538/54904954

この記事へのトラックバック一覧です: 普通の居酒屋:

« 憂鬱な読書:『陰謀史観』 | トップページ | パンチカードとナチ »