« アリス・ギイを楽しむ | トップページ | “岩井ワールド”、外国人相手でも変わらず »

2012年8月10日 (金)

やはりおもしろい北野武

10月6日公開の北野武監督新作『アウトレイジ ビヨンド』を見た。珍しく1回目の試写に行ったのは、やはり期待値が高かったからだろう。試写室は満員で、映画も期待を裏切らなかった。

いわゆる続編で、話としては1の方がおもしろい。弱小ヤクザの大友(たけし)が、我慢を重ねて最後に怒りを爆発させるというヤクザ映画のパターンだからだ。

今回は小日向文世演じるマル暴の刑事が立ち回り、ヤクザ同士の喧嘩をけしかけてゆく。その分、全体がコミカルだし、1に比べると人殺しはむしろ多いのに、残酷なシーンは少ない。そのうえ主人公のはずの大友の登場は映画の中盤だし、刑務所から出所して「誰がまたヤクザやるって言ったよ」とつれない。

今回興味深いのは、ヤクザをやめたはずの大友が、結局抗争に巻き込まれてゆくところだ。前回もよくこれだけ悪人の顔を揃えたと思ったが、今回は西田敏行や神山繁、中尾彬などヤクザとは程遠いような役者たちが、見事に悪人顔になりきっている。そしてやたらに大声でどなり散らす。だんだんカリカチュアに見えてくる。

悪人たちの顔をアップで動き回る流麗なカメラ。怒鳴り合いと銃声、そして静寂というテンポに、だんだん体が反応してくる。前回同様、鈴木慶一のB級っぽい音楽もいい。

たけし演じる大友だけが、普通の顔をしている。あるいは厭世的というか、「降りた」ような感じだ。見ていると「もう映画監督も飽きたんだけど」という感じにすら見えてきた。今回は、このたけしの表情が決め手だろう。いかにも手慣れた感じの映画だが、それでも見ごたえはたっぷりだ。

|

« アリス・ギイを楽しむ | トップページ | “岩井ワールド”、外国人相手でも変わらず »

映画」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。
ビヨンドはエンタメに徹してる映画なのでしょうか?
それとも、ソナチネのようにアート(アートとは評さない人もいるかも)
だったり、死や暴力の美学、以前の北野映画のブルーを基調とした画
の強さとかはありますか?

投稿: はるた | 2012年8月10日 (金) 11時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/537538/55390150

この記事へのトラックバック一覧です: やはりおもしろい北野武:

« アリス・ギイを楽しむ | トップページ | “岩井ワールド”、外国人相手でも変わらず »