« 戦後の合作映画は珍品揃いか(1)『楊貴妃』 | トップページ | ヒューレット・パッカードの反エコ商法 »

2012年10月 1日 (月)

シャルダン初個展の意味

ジャン=シメオン・シャルダンの日本での初めての大きな個展を、丸の内の三菱一号館美術館で見た。シャルダンという画家は、フランスの18世紀の巨匠の一人として名前は出てくるが、どんな画家かよくわかっていなかった。

18世紀フランスと言えば、マリー・アントワネットであり、ロココだ。ヴァトーからブーシェを経て、フラゴナールへ。そんな華やかなイメージの中で、シャルダンの絵はちょっと違う。

チラシやポスターに使われている木いちごの静物画の写真を見て、急に見たくなった。こんなセザンヌみたいに事物の本質に迫る絵が、18世紀にあるのかと。

まずは地味で暗い静物画と、ちょっとカリカチュアのような風俗画が並ぶ。そこに展開される光と影のドラマは、17世紀のオランダ絵画のようだ。

しかし圧巻は後半の果物を描いた10点ほどの静物画。桃やぶどうやリンゴが、銀のゴブレットやワインを半分次いだコップなどと共にテーブルに置いてあるだけだが、その絶妙な構図のバランス、果物の質感をあらわすタッチ、果物が背景と溶け合うような色彩感覚、そうして全体を支配する静かな光のドラマ。

100年と少し後のセザンヌが、ほんのそこまで来ているようだ。

出品作品は38点と多くはない。しかし、ルーヴル美術館を始めとして、ワシントン・ナショナル・ギャラリー、フィレンツェのウフィッツィ美術館など、世界中から必要な作品が集まっている。最近特に増えた「〇〇美術館展」とは対極の、一点、一点を集めた学芸員の力業である。来年の1月6日まで開催。必見。

|

« 戦後の合作映画は珍品揃いか(1)『楊貴妃』 | トップページ | ヒューレット・パッカードの反エコ商法 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/537538/55788097

この記事へのトラックバック一覧です: シャルダン初個展の意味:

« 戦後の合作映画は珍品揃いか(1)『楊貴妃』 | トップページ | ヒューレット・パッカードの反エコ商法 »