« ヒューレット・パッカードの反エコ商法 | トップページ | 久々のドイツ映画の傑作『東ベルリンから来た女』 »

2012年10月 3日 (水)

『ファースト・ポジション』に不覚の涙

ドキュメンタリーは、フレデリック・ワイズマンのような天才でなくても、抜群に興味深い対象を丹念に追いかければ、相当おもしろいものになる。『ミリキタニの猫』や『ハーブ&ドロシー』がそうだった。

12月公開の『ファースト・ポジション』もそんな1本。この映画には、前述の2本と違って変人が出てくるわけではない。カメラが追うのは、ユース・アメリカ・グランプリというバレエ・コンクールを目指す6人の若者たちだ。出身も境遇も年齢もさまざまな6人が、尋常ではない努力を重ねる姿を見ているうちに、だんだん画面から目が離せなくなってくる。

実を言うと、個人的にはバレエに興味はないし、バレエ・ファンは気持ち悪いという偏見さえあるが、ある映画評論家の方に「おもしろいわよ」と言われて見に行った次第。

まず6人の生活が簡単に紹介された後、それぞれのレッスン風景が写る。それから各地での予選。このあたりから、「うまくいきますように」とまるで彼らの親にでもなったかのような気分になった。そしてニューヨークのファイナル。ほとんどドキドキしてしまう。そして彼らがメダルを取り、ロンドンやニューヨークのバレエ学校の奨学金を得ると、不覚にも涙が出た。

とりわけ気になったのが、コロンビア出身のジョアン。時おりコロンビアの両親に電話をし、励まされる姿は普通の少年だ。予選を通過して、コロンビアに一時帰国する時も、カメラは追いかける。山の中のカラフルな家で、母の料理を嬉しそうに食べるジョアン。

もう1人目が離せなかったのが、アフリカのシエラレオネの難民だったミケーラ。アメリカの養父母のもとに暮らす彼女には、肩のあたりに戦争の傷跡による斑点がある。ファイナルの直前に足が痛くなって薬を塗るシーンでは、祈るような気持ちになった。

各地でのロケも丹念に撮られているし、両親やコーチの姿もそれぞれ異なっていて興味深い。ファイナルの後のの各自の生活が撮られているのも良かった。がんばれ、ジョアン。

ある意味普通のドキュメンタリーだが、評論家にも一般の観客にも訴えかける作りになっている。これは当たると思う。

|

« ヒューレット・パッカードの反エコ商法 | トップページ | 久々のドイツ映画の傑作『東ベルリンから来た女』 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/537538/55802449

この記事へのトラックバック一覧です: 『ファースト・ポジション』に不覚の涙:

« ヒューレット・パッカードの反エコ商法 | トップページ | 久々のドイツ映画の傑作『東ベルリンから来た女』 »