« 新聞は大丈夫か:中日新聞 | トップページ | 4000年は無理がある »

2012年10月 8日 (月)

26年ぶりの電気釜

たぶん26年ぶりに電気釜(世間では「炊飯器」)を買い替えた。持っていたのは例の昔ながらの円形タイプで、炊飯と保温しかボタンがなかった。壊れてはいなかったが、知り合いの家に食事に招かれると、ご飯がウチよりうまい、と思うことが多かったので、とうとう買うことにした。

私は海外に行ったり、外食が多かったりすることが多いこともあって(それをここに書くし)、ずいぶん贅沢な暮らしをしているように思われがちだ。だがそれは間違い。私は電気製品でも服でも、一度買ったら壊れるまで使い続ける。

例えば掃除機は25年くらい使っていて、今年買い替えた。これはさすがに半分壊れて、あまり吸い込まなくなったからだ。

水泳パンツとスポーツシューズは31年間使っている。これらは途中15年ほど使っていなかったが、スポーツクラブに通い出してから、毎週末に使う。なぜか水泳帽は5年の一度くらいなくすけど。


もっと古いのは電気ストーブ。これはたぶん35年間使っている。机の下に置くのに手頃な大きさで、冬には手放せない。シャープ製だが、傾くと自動で止まる装置もついていて便利。これは本当に50年くらい使いそうだ。

あとはネクタイが300本ほどある。大学の卒業式につけたものなど何とも懐かしい。意外とそれぞれの買った場所やもらった人、あるいはつけていた時期など記憶している。

で、買った電気釜はどうだったかというと、それはすばらしい炊き上がりだった。一粒一粒がくっつかず、香りも食感もいい。たかがご飯を炊くのに「しゃっきり」「ややしゃっきり」「もちもち」「ややもちもち」などから選ぶのが大変だが、これから全部試してみたいとまじめに思う。

|

« 新聞は大丈夫か:中日新聞 | トップページ | 4000年は無理がある »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/537538/55841562

この記事へのトラックバック一覧です: 26年ぶりの電気釜:

« 新聞は大丈夫か:中日新聞 | トップページ | 4000年は無理がある »