« それでも東京国際映画祭を見捨てない:その(8) | トップページ | それでも東京国際映画祭を見捨てない:その(10) »

2012年10月28日 (日)

それでも東京国際映画祭を見捨てない:その(9)

金曜の夜に遅く帰って「さて明日の六本木は」とプレス上映表を見たら、何もない。プレス上映は金曜までだったことを忘れていた。そこで一般上映からまだ買える映画を探したら、ワールドシネマ部門の『闇の後の光』が残っていたので、さっそく買った。

今年からはチケットの代わりにスマホでQRコードを見せる方式になった。スマホがない私はダメかと思ったが、パソコンからネットで購入して、最後にQRコードを添付で携帯に送ったらうまく行った。もうスマホを買わないといけない。

『闇の後の光』だが、これはメキシコのカルロス・レイガダスという監督の作品で、前から見たいと思っていた監督だった。今年のカンヌで監督賞を受賞したが、賛否両論だったという。

見てみると、久しぶりの映画原理主義に出会った気分だ。ペドロ・コスタのような、あるいはストローブ=ユイレのような。山の中で暮らす若い夫婦と2人の子供に日々。夫婦はどこかうまくいかない。そのうち夫は近所のコソ泥を捕まえようとして、銃を撃たれる。

映画の始めと終わりに、アニメの赤い羊人間が、トランクを持って家を訪れる。あるいは主人公の夫妻かどうかわからないが、フランスのスワッピング・クラブの「デュシャンの部屋」で妻は大勢の男に犯される。金持ちのパーティ。庶民たちの集い。何だかさっぱりわからないのに、見ていてゾクゾクしてくる。

終盤、自分で自分の頭をもぎ取る男が出てくる。強い雨が降り、雷が鳴る。そしてなぜかラグビーのシーン。どうもイギリスのようだ。そして映画は突然終わる。

全編長回しで人間と動物と自然を同じレベルでとらえ、純度の高さだけを追いかけるようなカメラに、吸い込まれた気分だ。たぶんこのレイガダスという監督は、一生こんな映画を作るのだろう。こんなわからない映画に賞を出すから、国際映画祭の意味がある。

|

« それでも東京国際映画祭を見捨てない:その(8) | トップページ | それでも東京国際映画祭を見捨てない:その(10) »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/537538/55987024

この記事へのトラックバック一覧です: それでも東京国際映画祭を見捨てない:その(9):

« それでも東京国際映画祭を見捨てない:その(8) | トップページ | それでも東京国際映画祭を見捨てない:その(10) »