« 『アルゴ』の政治的一点突破 | トップページ | 何でいまさらバルザック »

2012年11月15日 (木)

肉を食べよう

昔から肉が好きだった。高度成長期に育ったので、肉を食べると元気になる、みたいな神話が頭の隅に残っている。最近は肉より魚、洋食より和食、粗食が一番といった風潮が強まって、私もなんとなくその方向に向かっていた。ところが、だ。

最新号の『アエラ』に「糖尿病が怖い中高年こそ、肉・卵・バター食べよう」という記事があった。リードに、「日本が世界有数の長寿国になったのは、欧米型の食事が浸透したおかげだ。健康そうなイメージの“日本型食生活”こそ、糖尿病の原因になる」。

筆者は長谷川煕という元朝日記者で、この人の書くものは丹念な取材に基づくものなので信用している。そのうえ、内容も役所の怠慢を暴くものが多くて気持ちがいい。

「日本人の炭水化物摂取量の平均は一日当たり約260グラムだが、米国科学アカデミーの推奨量は130グラムと日本人の半分だ」

「今よりもっとコメ中心の食生活だった大昔の日本に糖尿病多発の記録が少ないのは、もともと平均寿命が短く発病前に亡くなる人が多かったこと、またパンやパスタなどの小麦食品も少なかったうえに、歩いたり体を使ったりして糖質を効率よく称していたからだ」

専門家の言葉として「昭和40年代を境にコメ消費量が急速に減り、逆に肉類が増えて脳血管疾患が急減し、これが日本人の寿命を押し上げた」

要はご飯やパンを減らし、たんぱく質や脂肪を取った方がいいということだ。ううん、困った。私は肉も好きだが、ご飯はもっと好きなのだ。

今朝の朝日新聞一面下の書籍広告には『50歳からは炭水化物をやめなさい』という本があった。やはりそうか。何とも影響されやすい自分に呆れながらも、ご飯を減らそうと思った。

|

« 『アルゴ』の政治的一点突破 | トップページ | 何でいまさらバルザック »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/537538/56116749

この記事へのトラックバック一覧です: 肉を食べよう:

« 『アルゴ』の政治的一点突破 | トップページ | 何でいまさらバルザック »