« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月

2012年12月31日 (月)

ポイント好き

年の瀬だが、思い切りくだらない話を書きたい。最近、教え子が代官山の蔦屋書店に勤めているというので行ってみたら、「Tカード」を作らされた。実は前からこのカードを作りたいと思っていたので、ありがたかった。

続きを読む "ポイント好き"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月30日 (日)

ランキング好き

年末に本をまとめ買いする習慣がついて、たぶん十年にはなる。その時参考にするのが、朝日新聞書評欄のや文芸欄回顧の「今年の3点」。いつもアマゾンに10冊ほど注文するが、今年はまず誰が何を選んだのか、自分が読んだ本はあるのかを考えてみた。

続きを読む "ランキング好き"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月29日 (土)

「新聞の映画評」評:『レ・ミゼラブル』

もともとオペラやミュージカルは苦手だ。舞台で「ああ、娘よ」と歌いだされただけで、恥ずかしくて逃げたくなる。その映画版もいくつかの例外を除くと、あまり好きではない。評判がいいので映画『レ・ミゼラブル』を見に行ったが、私にはどこがおもしろいのか、まるでわかならなかった。

続きを読む "「新聞の映画評」評:『レ・ミゼラブル』"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年12月28日 (金)

映画『土』の数奇な運命

前から見たかった内田吐夢監督の『土』(1939)をフィルムセンターで見た。かつてはそこで自分が映画祭を企画したこともあったので何百回訪れたかわからないが、映画を見るのは久しぶり。まず、観客の層が変わっているのに驚いた。

続きを読む "映画『土』の数奇な運命"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月27日 (木)

ケン・ローチの希望

たぶん私にとって年末最後の試写で、4月13日公開のケン・ローチ監督『天使の分け前』を見た。これが年末にふさわしいというか、最後に希望を与えてくれる映画で、見終わって心の中に火が灯ったような気がした。

続きを読む "ケン・ローチの希望"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月26日 (水)

「観客賞」は苦手

最近、「観客賞」をウリにする映画が増えたように思う。確かに、重鎮の評論家や監督が選んだ「グランプリ」よりも、お金を払った観客の選んだものが信用できる、という感覚はわかる。最近は配給会社も「観客賞」の作品を狙っているという。

続きを読む "「観客賞」は苦手"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月25日 (火)

「篠山紀信展」に欠けていたもの

新宿のオペラシティ・アートギャラリーで、最終日に「篠山紀信展」を見た。この美術館では初めてといっていいくらい多くの観客がいたが、私にはずいぶん物足りない展覧会だった。副題は「写真力」だが、あまり「力」は伝わってこなかった。

続きを読む "「篠山紀信展」に欠けていたもの"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月24日 (月)

やはりおもしろいティム・バートン

ティム・バートン監督の新作『フランケンウィニー』を見た。この監督の映画はすべて見たわけではないけれど、見た作品はどれもおもしろい。そして何か必ず一工夫あって、かつ映画愛に溢れている。『フランケンウィニー』もそうだった。

続きを読む "やはりおもしろいティム・バートン"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2012年12月23日 (日)

『ジャズ・シンガー』の謎

1927年の『ジャズ・シンガー』と言えば、トーキー映画最初の作品として名高い。私はこの映画を1986年に16ミリで見た記憶があるが(初めて自分で映写したので覚えている)、中身を全く忘れていた。黒塗りの白人が両親の前でジャズを歌って感動させる映画だと思っていた。

続きを読む "『ジャズ・シンガー』の謎"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月22日 (土)

今年の映画ベスト

昨日の朝日新聞夕刊で、3人の映画評論家のベスト3が発表された。これを見ると、つくづく映画の評価というのは個人的なものだと思う。佐藤忠男さんは「別離」「最初の人間」「おだやかな日常」。

続きを読む "今年の映画ベスト"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月21日 (金)

「ボン・グゥ神楽坂」の衝撃

久しぶりにレストランに行って、「やられた」と思った。「ボン・グゥ神楽坂」のことだ。実はすぐ近くに住んでいるのだが、今年3月にできてから行っていなかった。「もうメインはいらない フレンチ前菜食堂」という看板を見て、ダメだと思ったからだ。

続きを読む "「ボン・グゥ神楽坂」の衝撃"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月20日 (木)

フィルムの肌理

最近、まな板をプラスチックから木に変えた。木の匂い、そこに刻まれる無数の傷が何ともいい。ひょっとして、映画がフィルムからデジタルになった時に失われるものは、このような木目=肌理(きめ)のようなものかもしれない、とふと思った。

続きを読む "フィルムの肌理"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月19日 (水)

「東京チカラめし」に考える

今年、恐ろしいほどの勢いで増えたものに「東京チカラめし」のチェーンがある。私が勤める大学の最寄駅には両側にできて(後に1つは閉鎖)、昼時には列ができていることさえある。元祖「吉野屋」に「松屋」という2大チェーンに挑む第三極という感じだ。

続きを読む "「東京チカラめし」に考える"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月18日 (火)

「美術ベスト5」を書いてしまった

年末になると、新聞などでこの1年間のランキングが始まる。「この1年の十大ニュース」に始まって、「映画ベスト10」とか「文学ベスト10」とか。所詮、誰かが趣味で選ぶものに過ぎないが、私はこれを見るのが意外に楽しみだった。

続きを読む "「美術ベスト5」を書いてしまった"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月17日 (月)

偶然の度合い

昨晩、私の学生が主催する「新・女性映画祭」で上映した『四畳半襖の裏張り』のトークゲスト、白鳥あかねさんを囲んで打ち上げをしていた。ふと横を見ると、女性グループの中に10年ほど前に一緒に仕事をした女性がいて、お互い驚いた。

続きを読む "偶然の度合い"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月16日 (日)

久しぶりの映画祭の裏方

昨日から、久しぶりに映画祭の裏方をやっている。教えている大学で学生と一緒に企画する「新・女性映画祭 こんなふうに私も生きたい」が昨日から、オーディトリウム渋谷で始まったからだ。

続きを読む "久しぶりの映画祭の裏方"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月15日 (土)

レッド・アロー号を知っていますか

レッド・アロー号と言われてピンとくる人は、たぶん西武新宿線か池袋線に住んだか通ったことのある人だと思う。これはこの2つの線の特急の名前のことだ。原武史の新著『レッドアローとスターハウス』は、この西武線から日本の戦後史を語った異色の本だ。

続きを読む "レッド・アロー号を知っていますか"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月14日 (金)

遠い革命の風景

恵比寿の東京都写真美術館は、木、金は夜8時まで空いている。遅めの飲み会の前に時間を過ごすのにぴったりの場所と時間だ。そこではいつも、白黒の昔の写真が見られるから。

続きを読む "遠い革命の風景"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月13日 (木)

『ふがいない僕は空を見た』に驚く

いや、驚いた。ようやく見た『ふがいない僕は空を見た』のことだ。タナダユキ監督は『百万円と苦虫女』がなかなか良かったが、これほどの監督とは思わなかった。「性と生」をこれほど正面から、大胆にかつ繊細に描いた映画はめったにない。

続きを読む "『ふがいない僕は空を見た』に驚く"

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2012年12月12日 (水)

シドニーのベーコン

2週間前にブリスベンとシドニーに行ったが、再びその時の話をしたい。シドニーでベーコンを食べたという話ではなく、シドニーのニューサウスウェルズ州立美術館で「フランシス・ベーコン展」を見たことについて書く。

続きを読む "シドニーのベーコン"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月11日 (火)

「琳派」と聞くと足が向かう

日比谷の出光美術館に「琳派芸術Ⅱ」を見に行った。去年同じ場所で開かれた「琳派芸術」の2部とほぼ同じ内容だとわかっていたが、「琳派」と聞くと体がむずむずして、足がむかってしまう。特に酒井抱一はたまらない。

続きを読む "「琳派」と聞くと足が向かう"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月10日 (月)

「新聞の映画評」評:『007 スカイフォール』

実を言うと、「007」をスクリーンで見たことはなかった。だいたい地上波テレビか衛星放送で家族が見ているのを横から見ていた。今回の「007」はやたらに人が入っているというので、見に行くことにした。サム・メンデス監督だし。

続きを読む "「新聞の映画評」評:『007 スカイフォール』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月 9日 (日)

昔寝てしまった白黒映画2本

大学の授業の準備で、四半世紀ぶりの白黒映画を2本見た。ロバート・アルドリッチの『キッスで殺せ』(55)とヴィム・ヴェンダースの『都会のアリス』(73)だ。実を言うと前に見た時は、2本とも途中で寝た記憶がある。

続きを読む "昔寝てしまった白黒映画2本"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月 8日 (土)

今年のドジ

先日、料理を作っていたら、フライパンの中身を床にひっくり返してしまった。台所に置いたつもりが、そこには別の鍋があって、フライパンはゆらりと傾いた。

続きを読む "今年のドジ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月 7日 (金)

『カイエ・デュ・シネマ』のベストテン

フランスに『カイエ・デュ・シネマ』という月刊の映画雑誌がある。ゴダールやトリュフォーなどのヌーヴェルヴァーグの監督たちがそこで評論を書いていたという、伝説的雑誌だ。私は、たぶん80年代後半から定期購読をしている。

続きを読む "『カイエ・デュ・シネマ』のベストテン"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月 6日 (木)

「アジア・パシフィック・アワード」に思う

先週の今頃はブリスベンにいたが、2日目の金曜の夜は「アジアン・パシフィック・スクリーン・アワード」APSAの授賞式に出た。実を言うとそんな賞があることも知らなかったが、国際会議の主催者が参加者を招待してくれたので、とにかく行った。

続きを読む "「アジア・パシフィック・アワード」に思う"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月 5日 (水)

『駆ける少年』の25年

イラン出身のアミール・ナデリ監督が日本で撮った『CUT』を見た時、その映画愛に圧倒されながらも違和感があった。昔のナデリはもっと良かった、という思いがあった。昔とは、『駆ける少年』(85)や『水、風、砂』(89)のことだ。

続きを読む "『駆ける少年』の25年"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月 4日 (火)

一気に読む『無理』

奥田英朗という作家は同世代のせいか、描く世界の雰囲気が妙に自分の肌になじむ。そんなわけで『無理』が文庫になっていたので買った。上下巻の長編だが、一気に読む。まさにオビの「ご注意 一気読み必至!」の文句通り。

続きを読む "一気に読む『無理』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月 3日 (月)

おもしろくて退屈な『悪の経典』

ようやく三池崇史監督の『悪の経典』を見た。もちろんおもしろかったが、ちょっと期待外れでもあった。何が期待外れかというと、後半の殺戮シーンが同じ調子で退屈してしまったからだ。

続きを読む "おもしろくて退屈な『悪の経典』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月 2日 (日)

相変わらずの東京フィルメックス:その(4)

空いた時間をぬうように、招待作品の『庭師』を見に行った。かつて『パンと植木鉢』や『カンダハール』を撮ったイランのモフセン・マフマルバフの新作だ。最近は長女のサミラや次女のハナの映画の方が有名だが、本作は本人と長男が出てくる。

続きを読む "相変わらずの東京フィルメックス:その(4)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月 1日 (土)

おもしろくてタメになる『パリの子育て親育て』

林瑞絵著『パリの子育て親育て』を読んだ。この著者とは、『フランス映画どこへ行く ヌーヴェル・ヴァーグから遠く離れて』をこのブログで絶賛したら、向こうから連絡が来て知り合いになった。前著がフランス映画の現状を実に具体的に分析していたので、次はどんな本を出すのか気になっていた。

続きを読む "おもしろくてタメになる『パリの子育て親育て』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »