« 1920年代ヨーロッパの美的映像 | トップページ | ソーシャル時代の楽観主義 »

2013年1月28日 (月)

日曜午後のバッハ3時間

日曜の午後、紀尾井ホールでバッハの「マタイ受難曲」を聞いた。静岡県の磐田市を中心に活動している磐田バッハ合唱団が、モーツァルト・アカデミー・トウキョウと組んだ演奏会で、知り合いの知り合いがチェロを弾いているというので、誘われた。

クラシック・コンサートに行くのはずいぶん久しぶりだ。たぶん最後は10年ほど前のフェニーチェ歌劇場公演かもしれない。紀尾井ホールに来るのは確か「東京の夏 音楽祭」の時だから、15年くらい前か。

驚いたのは、800席の会場が8割がた埋まっていたことだ。この合唱団の知名度はわからないが、私のような知り合いだけではこんなに集まらないだろう。キリスト教徒なのか、聞いてみたい気もした。

曲が始まって、改めて感心した。当たり前だが、全曲ドイツ語の歌詞だ。それも内容はキリストの受難劇。日本人は何の関係もなかろう。それを日本人の歌手が朗々と歌う。会場は天井が教会並みに高く音響のいい、室内楽専用ホール。そして観客の多くが歌詞対訳を見ながら追いかけていた。

18世紀のドイツ語を3時間も聞いて楽しむ21世紀の日本人というのは、すごいとも言えるが、馬鹿みたいでもある。歌手やオーケストラの面々はみな黒のタキシードやドレス。日本人の猿真似も極まれりという気もする。

個人的には、十分楽しんだ。この曲は大学に入って、カール・リヒターが亡くなったばかりでその追悼で出たレコードを買った。CDではなく、大判のレコード。1人でアパートに籠って、全曲を聞いていた。このレコードとか、カザルスの弾く無伴奏チェロとか、よく聞いた。

コンサートは第一部が終わったところで、15分の休憩。後半は私も歌詞を追いかけて見た。ドイツ語はドイツ映画祭をやっていた頃に特訓したので、ところどころわかる。イエスが捕えられ、総督ピラトに差し出される。そうして十字架を背負わされ、ゴルゴダの丘へ。そして磔になり、息を引き取る。

終わると妙に感動した。歌手はエヴァンゲリスト(福音史家)役とイエス役が素晴らしかったが、少し声が不安定な歌手もいた。日曜午後の3時間を費やしたが、私にとっては何とも不思議な精神的時間だった。

家に帰ってネットで検索していたら、映画『サクリファイス』の最後のバッハはこの曲の第39曲のアリアだとわかった。

|

« 1920年代ヨーロッパの美的映像 | トップページ | ソーシャル時代の楽観主義 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/537538/56643085

この記事へのトラックバック一覧です: 日曜午後のバッハ3時間:

« 1920年代ヨーロッパの美的映像 | トップページ | ソーシャル時代の楽観主義 »