« 26年前に戻ったら | トップページ | 久しぶりのオリバー・ストーン »

2013年2月 4日 (月)

今度は、30年前に戻る映画

土曜日に26年前に戻る自分を描くフランス映画を見たら、偶然に翌日に30年前に戻るアメリカ映画を見てしまった。ライアン・ジョンソン監督の『LOOPER ルーパー』で、大学で学生が話題にしていたので見てみようと思った。

舞台は2074年。殺人が不可能な世界で、犯罪組織は敵を殺すために30年前の2044年に遡って殺すという設定。ルーパーと呼ばれる処刑人ジョーを演じるのが、ジョセフ・ゴードン=レヴィットで、なぜか何もない畑のそばで、約束の時間に送られてくる人間を次々に殺す。

のっけから妙にスタイリッシュで、「映画的」な風景が広がるが、そこへブルース・ウィリス演じる30年後の自分がやってきて、話がこんがらがる。ルーパーをやれば大金が稼げるが、30年後に殺されるというのが掟らしい。つまり、未来の自分を殺さなければ今の自分が殺される、という不条理な状況だ。

そのうえ、未来の自分は、自分の中国人の妻の命を奪った犯罪組織のトップ(ジェフ・ダニエルズが好演)を殺すために、30年前にやってきたというから、話はいよいよわからない。さらに30年前のジョーは、美女とその息子に出会うが、その息子は実は犯罪組織のトップの幼い頃で……。

まるで1940年代のフィルムノワールのように、わからないからいいのだとばかりにアクションが続く。大学生が謎解きをして楽しむのも何となくわかる。そのうえ、いくつかのシーンが昔の映画を思わせて、メタ映画な感じもある。

たぶんこの映画の最大の失敗は、ジョセフ・ゴードン=レヴィットとブルース・ウィリスがあまりにも似ていない点だろう。ここが気分的に結びつかないので、どこか乗れない。

話は変わるが、私はこのブログでよく20年前とか30年前の話をする。インターネットどころか、携帯電話もコンピューターもなかった時代だ。実を言うと週末にとうとうアイフォンを買って、その新世界におじさんは衝撃を受けている。これについては後日書くが、30年前は甘美であるというのが今日の結論。

|

« 26年前に戻ったら | トップページ | 久しぶりのオリバー・ストーン »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/537538/56694219

この記事へのトラックバック一覧です: 今度は、30年前に戻る映画:

» 映画:ルーパー LOOPER 未来を書き換えるのにも、方法論はいろいろある。なんたって未来なんだから(笑) [日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜]
って、観た人には完全ネタバレ!? なんだけど、そうでない人には全く、なので平然とこのまんま突き進む当ブログ(笑) 主人公は、 ジョセフ・ゴードン・レヴィット = ブルース・ウィリス この設定に違和感を感じるのでは?という疑念は意外にもF,O. そうしてタイ...... [続きを読む]

受信: 2013年2月 5日 (火) 19時28分

« 26年前に戻ったら | トップページ | 久しぶりのオリバー・ストーン »