« 『abさんご』に戸惑い、楽しむ | トップページ | 『ペタルダンス』の「うまさ」 »

2013年2月18日 (月)

『ゼロ・ダーク・サーティ』の新しさ

公開3日目の日曜午後、満席の有楽座で『ゼロ・ダーク・サーティ』を見た。珍しく高齢の男性客が多く、当然ながらバカップル風はおらず、ポプコーンの音のしない静かな客層だった。

映画は予想通り。つまり2時間半近く緊張が続き、見終わるとどっと疲れた。最初に真っ暗な画面が数分続き、9.11の時に録音されたいくつかの電話の声だけが聞こえる。

物語は、9.11の後にCIAの女性調査官マヤがオサマ・ビンラディン(映画では途中でUBLと略される)を探し出し、攻撃するまでの10年間を描く。前半は関係者への拷問が続き、中盤はタリバーンの側からのテロが中心になり、終盤はビンラディンへの住処への突撃が描かれる。

すべて現実そのもののようなセットを使い、いくつものデジタルカメラで臨場感溢れる瞬間を繋げてゆく。ある種、疑似ドキュメンタリーというか、ドキュメンタリー以上にリアルさを感じさせる。

とりわけ中ほどから、ホテルで夕食中にテロでレストランが客ごと吹っ飛んだり、自爆テロで友人たちが殺されたり、マヤ本人も大使館から車で出るところを狙われたりして、思い出しても息が詰まりそうになる。

かろうじて映画らしいのは、主人公のマヤを中心にその上司たちとの人間模様が描かれているから。安易に上司たちを悪者にせず、それぞれまじめな人々として描いているのもうまい。それ以上に、見ている側はマヤが本当に正しいのかわからないし、マヤ自身もわからないように描くところが、『アルゴ』とは決定的に違う。

ビンラディン殺害からわずか1年半で、こうした何ともうまい疑似ドキュメンタリーをデジタルを駆使して作ること自体、いかにも今風だと思う。全世界を揺るがした事件を映画に取り込んで、現実と映画の境目を失くしてしまうようなこの作品の新しさは、今後の映画の一つの方向を示しているのではないか。個人的には、この巧みさはあまり好きではないが。

|

« 『abさんご』に戸惑い、楽しむ | トップページ | 『ペタルダンス』の「うまさ」 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/537538/56789844

この記事へのトラックバック一覧です: 『ゼロ・ダーク・サーティ』の新しさ:

» 映画:ゼロ・ダーク・サーティ ZERO DARK THIRTY 21世紀初の巨悪を執念深く追いつめる女。 [日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜]
オープニングから拷問シーンで、のっけから重い重い。 そこに投入されるは、まだ20代の女性CIA分析官(写真) オサマ・ビンラディンを追いつめるべく闘う彼女の苦闘。 監督キャスリン・ビグローは演出は、事実を描いているだけに固め。 たんたんと最後の結末に向かっ...... [続きを読む]

受信: 2013年2月20日 (水) 20時20分

» 映画「ゼロ・ダーク・サーティ 」出色の出来。それでもまだ、よく分からない [soramove]
映画「ゼロ・ダーク・サーティ 」★★★★ ジェシカ・チャステイン、ジェイソン・クラーク ジョエル・エドガートン、ジェニファー・イーリー マーク・ストロング、カイル・チャンドラー エドガー・ラミレス出演 キャスリン・ビグロー監督、 131分、2013年2月15日より全国公開 2012,アメリカ,ギャガ (原題/原作:ZERO DARK THIRTY ) 人気ブログランキングへ">>→  ... [続きを読む]

受信: 2013年3月 7日 (木) 07時09分

« 『abさんご』に戸惑い、楽しむ | トップページ | 『ペタルダンス』の「うまさ」 »