« 『ハピネス』が描く「ママ友」の世界 | トップページ | 「オステリア アッサイ」の本気度 »

2013年4月 1日 (月)

4年目の大掃除

この4月で大学に転職して4年になることは前も書いたが、この機会に自宅マンションのリフォームをした。リフォームといっても全面的なものではなく、本棚をいくつも作っただけだが、そのための掃除中にとんでもないものがいくつも出てきた。

一番の驚きは、梅田大丸の「シャツお仕立券」。ワイシャツの生地にチケットがついていて、「全国の大丸で無料でシャツをお仕立てします」と書かれている。よくみると「マグリット展記念」と書かれているから、1995年3月のことだろう。

もともとマグリット展は、新宿の三越美術館(今は大塚家具!)で開催し、その後兵庫県立近代美術館に巡回する予定だったが、直前に阪神大震災が起きた。半壊した兵庫近美での開催が不可能になり、4月の福岡市立美術館までぽっかりと空いたところに、梅田大丸が急遽手を挙げた。

結果は、大丸は大入り満員の大成功。かつては、百貨店で新聞社が展覧会をやると、特に当たるといろいろな「おみやげ」があった。既に当時は百貨店も不況の時代に入っていたが、関西はまだまだこうした「文化」が続いていた。会社の仕事として展覧会をやって、百貨店から個人的にお礼をもらうなんて、とんでもない話だが。

当時の新聞社の年配の事業部員には、百貨店とベッタリのオジサンがいた。展覧会の打ち合わせは午前中の終わり頃にして、昼食は百貨店の特別食堂で3千円くらいの懐石をご馳走になるのを当たり前に思っていた。夜は日本橋界隈の高級寿司屋に招待され、帰りはタクシー券をもらった。

私はそうしたことを平然とこなす脂ぎった百貨店や新聞社のオジサンたちが気持ち悪かったが、誘われたらあえて反対せずに同席した。酒を飲んでいれば何でもいいや、という感じか。

話は変わって、掃除中に出てきた同じ頃のものでおもしろかったのが、人間ドックの結果。30代半ばというのに高血圧でコレステロールが高い。接待の結果か。医師のコメントに「幸福な人生のために、断酒されることをお勧めします」と書かれていて笑った。私はその意見を守らず、15年以上酒を飲み続けているが、検査結果は当時よりいい。十分に「幸福な人生」だけど。

ほかにもたくさん変なものが出てきたが、今日はこれにて。そういえば事業部員時代の経験をもとに書いた文章が先週末にWEBRONZAにアップされたので、ご一読を。肝心の部分が有料だけど。

|

« 『ハピネス』が描く「ママ友」の世界 | トップページ | 「オステリア アッサイ」の本気度 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/537538/57079545

この記事へのトラックバック一覧です: 4年目の大掃除:

« 『ハピネス』が描く「ママ友」の世界 | トップページ | 「オステリア アッサイ」の本気度 »