« 特定秘密保護法に考える | トップページ | 『大統領の執事の涙』を堪能 »

2013年12月 9日 (月)

『清須会議』に退屈する

三谷幸喜の映画は全部見ているわけではないが、『THE有頂天ホテル』や『ステキな金縛り』など、いかにも演劇的な室内劇がそれなりにおかしかったので、新作を見に行った。今回はいつになく大当たりしているというのも気になった。

これが私には全く退屈で、あやうく寝るところだった。最初に絵を使いながら状況を説明するあたりで、何だか興醒め。もちろん合戦や火事を見せると金がかかるのはわかるが、歴史画を使うには技がいる。このまじめぶりは、まるで昔のNHK大河ドラマ風だ。

そして出てくる人物が多すぎて、それも私でも知っている俳優が続々とチョイ役で出てくる。西田敏行、天海祐希、松山ケンイチ、染谷将太、笹井英介(信長にそっくり!)などは、ほんの一瞬だ。

1時間ほどたって、清須会議そのものが開かれてようやくおもしろくなる。秀吉役の大泉洋の策士ぶりや、柴田勝家役の役所広司の実直さ、池田恒興役の佐藤浩市の当惑した表情など、見ていておかしい。しかし会議の駆け引きはあっけなく秀吉の勝利に終わって、それから先もだらだらと長い。

これまでの彼の映画と違って、まじめなだけの人物が多い。小日向文世、浅野忠信、寺島進、でんでんなどの芸達者たちが、あまり持ち味を出せずに終わるのが惜しい。

室内のシーンはなんとかなるが、カメラが室外に出ると何とも嘘っぽい。大きな城や池や野原などが何度も見えるが、いかにもCGで作ったようで薄っぺらい。三谷幸喜は室内劇しか撮れないのだろう。

先日見た『かぐや姫の物語』と同じく場内はほぼ満員だったが、客層は大違い。ポップコーン組が多く、食べ終わってもカサカサという音があちこちに。見終わった後に女性2人組が「なんか、歴史の授業みたいだった―」と言ったのは、その通りかもしれないと思った。

三谷幸喜の映画は、しばらくは見たくない。

|

« 特定秘密保護法に考える | トップページ | 『大統領の執事の涙』を堪能 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/537538/58724399

この記事へのトラックバック一覧です: 『清須会議』に退屈する:

« 特定秘密保護法に考える | トップページ | 『大統領の執事の涙』を堪能 »