« バブル後のクリスマス | トップページ | 病気と夢と »

2014年1月17日 (金)

『ユーミンの罪』か

私はふだん風邪をひかないと公言しているが、今回は本当に風邪をひいたようだ。いわゆる悪寒が走り、外にいると本当に震えてくる。それでも昨日飲みに行ったが、1時間しかもたなかった。熱も少しある。

熱があるとすべてが億劫になる。そういう状態なので、今日のブログは短い。昨日バブル期のクリスマスの話をここで書いたが、最近酒井順子著『ユーミンの罪』を読んだ。この著者は『負け犬の遠吠え』など、とにかくタイトルがうまい。

『ユーミンの罪』は、一言で言うと1970年代から90年代前半までに、ユーミンがいかに女性たちの気持ちを掬い取り、女性たちに夢を与え続けたかが書かれている。

私はサザンもユーミンも嫌いだ。とりわけユーミンの「恋人はサンタクロース」の「連れて行って」という姿勢に腹が立つ。あるいはユーミンの歌によく出てくる「助手席」に乗りたいという女性の態度も、いいかげんにしろと思う。

と、ここまで書いて、病院に行ったら、インフルエンザと診断された。火曜まで外に出られない。おかしなもので、「だるくないですか」と医者に言われると、何もする気がなくなってきた。従って今日はここでおしまい。

|

« バブル後のクリスマス | トップページ | 病気と夢と »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/537538/58959915

この記事へのトラックバック一覧です: 『ユーミンの罪』か:

« バブル後のクリスマス | トップページ | 病気と夢と »