« 『ユーミンの罪』か | トップページ | 世にも不思議な「日本美術の祭典」 »

2014年1月18日 (土)

病気と夢と

昨日インフルエンザと診断されて以来、家に籠っている。日の当たる暖かい部屋で、ソファに座って寝たり起きたり。体がだるいと本も読めない。せいぜい「通販生活」のカタログを見ている。

いろいろな方にメールや電話やLINE(やってます!)で、火曜まで休むことを伝えたが、その返事に「これであなたも病人の気持ちが少しはわかるでしょう」というのがあった。

考えててみると、私は人間ドック以外何十年も病院に行っていない。最後は大学1年生で、高校の時からほぼ2年近く肝炎で入院していた。その後医者の言いつけを守って、高たんぱく、低カロリー、野菜たくさんの食事を自分で作るようになったせいか、風邪もひかない。

食欲はいつも旺盛で、怪我もしない。これで酒さえ飲まなかったら、100歳まで生きる気がする。だから、かつては同僚が今は学生が、「風邪で休む」というと、正直なところ「気合が入っていないからだ」と思った。さすがにそれでは柔道の先生みたいなので、「健康管理も仕事のうちだから、今後気をつけましょう」くらいにしておいたが。

ところが病気で倒れると、何もできない。人前に出られないのだから、どうしようもない。これから少しは優しくなれるだろうか。最近は学生も、うつやパニック障害の診断書を持ってくるし。

今朝方見た夢の一つに、70代の高名な映画評論家がフィルムセンターの隣りのビルの階段で倒れていたのに出くわすというのがあった。よく存じ上げている方なので動転して、アイフォンで電話しようとするが、うまくいかない。隣りのフィルムンセンターの5階事務室まで走って駆け上がった。

なぜ隣のビルなのかわからない。その時の評論家の苦しそうな表情といったら。そこでいったん目が醒めてまた寝たら、フィルムセンターの若い研究員から誰かの代理で急に講演を頼まれるが、家に帰ると悪寒がしてインフルエンザだったと続いた。

今日は日当たりのよい部屋にパソコンを持ち込み、アイフォンからのインターネット共有(テザリング)で書いている。便利になったものだが、インフルエンザには勝てない。


|

« 『ユーミンの罪』か | トップページ | 世にも不思議な「日本美術の祭典」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/537538/58965140

この記事へのトラックバック一覧です: 病気と夢と:

« 『ユーミンの罪』か | トップページ | 世にも不思議な「日本美術の祭典」 »