« また『猿の惑星』の新作を見た | トップページ | 鈴木敏夫さんの講義:その(1) »

2014年9月25日 (木)

『柘榴坂の仇討』の古くささに?

だいたい、新しいものが嫌いだ。自分で「古くさいぞ私は」(@坪内祐三)と思う。だから明治時代になってもチョンマゲで仇討を狙う古くさい男が主人公と聞いて、『柘榴坂の仇討』を劇場に見に行った。

監督は若松節朗だが、彼の『沈まぬ太陽』は私には微妙だった。渡辺謙演じる主人公の気持ちはわかるが、演出がどこか大味で大河ドラマ風だと思った。

だから見に行こうか迷っていたが、読売で福永編集委員が、日経で白井佳夫氏が大絶賛をしていたので、時間が空いた時に急に見に行った。結果は『沈まぬ太陽』よりは良かったが、やはり「大河ドラマ風」だった。

冒頭に、主人公の中井貴一の夢のシーンが出てくる。殺される時の彼の顔のドアップが、どうも気持ち悪かった。同じドアップはその後も何度か出てきてうんざりした。

中井が主君の井伊直弼(中村吉右衛門)に最初に会う時の、吉右衛門の気取った様子もカッコよくない。中井はその時に短歌の短冊をもらって、それから死後まで敬愛し続けるわけだが、それがわからない。

中井の妻役の広末涼子が冴えない。最近は女優としてもなかなかの演技を見せているが、今回は奥歯に物が挟まったような、力の入れる場所を間違っているように見える。

一番の違和感は、中井が敵討ちのために13年間追い続ける男役の阿部寛。それこそ西洋人のような男前でさっぱりした感じで出てきて、とても人目を忍んで車引きとして生きる男には見えない。終盤の決闘で、中井が殺さないことを決意した時に泣き崩れるシーンも、悲しそうに見えなかった。

中井が敵討ちを続ける理由を聞かれて「殿さまが好きにございました」と言うのが、腑に落ちない。ホモかよ、だから奥さんを大事にしないのか、と思ってしまった。ラストの中井が広末と並んで歩くシーンは今風過ぎるし。

十分に気合の入った演出だし、松竹京都のすばらしいセットも楽しめる。とりわけ雪のシーンの美しさはめったにない。だからそれなりに心は動かされたが、個人的には登場人物の造形がピンと来なかった。

|

« また『猿の惑星』の新作を見た | トップページ | 鈴木敏夫さんの講義:その(1) »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/537538/60371367

この記事へのトラックバック一覧です: 『柘榴坂の仇討』の古くささに?:

« また『猿の惑星』の新作を見た | トップページ | 鈴木敏夫さんの講義:その(1) »