« 『ゴーン・ガール』の衝撃 | トップページ | 学園祭ノスタルジア »

2014年11月 3日 (月)

『マダム・マロリーと魔法のスパイス』の面白さと不満点

ラッセ・ハレストルム監督の『マダム・ローリーと魔法のスパイス』を劇場で見た。東京国際映画祭の反動もあったが、それ以上に勤務先の大学の学園祭で進学相談を3時間もやって疲れていたから。そんな時、ハリウッドがフランスで撮った映画、それも料理を題材にしたと聞いてその安易さに心が動いた。

そのうえ、先週の金曜夕刊各紙でも(もちろん朝日を除いて)、高い評価を得ていた。ハレストルム監督は『マイ・ライフ・アズ・ア・ドッグ』は良かったけれど、ハリウッドに行ってからはあまり見ていない。

結果としては、疲れた時に見るのにはいい気分転換の映画だった。南仏のミシュラン1つ星の有名レストランの前にインド人の一家が移り住み、インド料理店を始める。ヘレン・ミレン演じるレストランのオーナーはそれを冷やかに見て、密かに意地悪を企てる。

インド一家の若き次男が実は名コックで、フランス料理店を助けることになり、それをきっかけに有名シェフへの道を駆け上がるという展開が、見ていて気持ちいい。ヘレン・ミレンもインド一家の父役のオム・プリも堂々たる演技で、その確執がおかしい。次男(マニッシュ・ハッサン)とフランス料理店の副シェフ・マルグリット(シャルロット・ル・ボン)の恋も爽やかだ。

だから人間ドラマはおもしろいのだが、インド料理にしてもフランス料理にしても、どのように作っているのか、細部がほとんど描かれていない。だから次男がなぜ急に名コックになるのかピンと来ないし、フランス料理にインド風の味を利かせて成功するあたりもよくわからない。唯一次男がオムレツを作るシーンだけはきちんと描かれるけれど、それだけでは寂しい。

ちなみに次男がパリに出て働くレストランは、ポンピドゥ・センターの上にある。あの場所は昔から数年ごとにレストランが変わっていたが、今は映画のように流行っているのだろうか。それからヘレン・ミレンのレストラン「ル・ソール・プリリュール」を検索してみたら、実際に南仏に同じ名前(LE SAULE PLEUREUR)のミシュラン1つ星の店があった。そこと関係がないわけではないだろうが、パンフにはこうした情報が全くないのは残念。

私も自分流で料理を作るが、この映画を見たら、もっと料理の精進をしたくなった。

|

« 『ゴーン・ガール』の衝撃 | トップページ | 学園祭ノスタルジア »

映画」カテゴリの記事

コメント

料理をするシーンが手術シーンを見ている気分になる、と思ったのは確かに料理よりも料理している人を主体に撮っているショットやテンポの速い(時としてその調理の音がリズムを作ることも)が多かったからなんですね。おかげで手術シーンのように思えた理由がわかりました、ありがとうございます。

しかしこの映画、幕切れが悪かったです。どこで映画を終わらせようか、まごついているように思えました。終わりかと思いきや終わりでない、紛らわしくそれが良い印象をもたらしていない。歯切れが悪かったです。

投稿: チャカ | 2014年11月 3日 (月) 20時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/537538/60588107

この記事へのトラックバック一覧です: 『マダム・マロリーと魔法のスパイス』の面白さと不満点:

» 映画「マダム・マロリーと魔法のスパイス」新しいものを受け入れる、それはとても難しい [soramove]
映画「マダム・マロリーと魔法のスパイス」★★★★★ ヘレン・ミレン、オム・プリ、マニシュ・ダヤル、 シャルロット・ルボン、ミシェル・ブラン出演 ラッセ・ハルストレム 監督、 122分 2014年11月1日公開 2014,アメリカ,ディズニー (原題/原作:THE HUNDRED-FOOT JOURNEY) 人気ブログランキングへ">>→  ★映画のブログ★どんなブログが人気なのか知りたい... [続きを読む]

受信: 2014年11月26日 (水) 11時17分

» 「マダム・マロリーと魔法のスパイス」 [ここなつ映画レビュー]
ラッセル・ハルストレム監督作品。名優ヘレン・ミレンが作品に正にスパイスを効かせる。南フランスの美しい田舎町に、ある日インド人の一家がやって来た。世界一のインド料理の店を出す為に。しかし、自信たっぷりの彼らが構えた店の真向かいには、ミシュランの星を一つ獲得している老舗のフレンチ・レストランがあったのだ。そして、二つの店の料理バトルの火蓋が切って落とされる…。「インド料理は食べない」と言われているフランスの地で、一家のチャレンジは無謀にも思えた。だが彼らは故郷ムンバイで暴徒が起こした火災によって店と母親... [続きを読む]

受信: 2014年11月27日 (木) 12時42分

« 『ゴーン・ガール』の衝撃 | トップページ | 学園祭ノスタルジア »