« 春休みの読書:『芸能人の帽子』 | トップページ | 週末の福岡に考える »

2015年4月26日 (日)

アニメ『百日紅』の爽やかさ

何度も書いているように、アニメはあまり見ない。5月9日公開の原恵一監督のアニメ『百日紅』の試写を見たのは、北斎の娘の話というテーマに惹かれたからだろう。もちろん原作の杉浦日向子の漫画も読んでいない。

そもそもアニメの監督として名高い原恵一の作品は、私は実は唯一の実写映画『はじまりのみち』しか見ていない。これは木下恵介を描いたものだが、相当おもしろかった。

『百日紅』は、父である葛飾北斎と暮らす23歳のお栄が主人公。自らも浮世絵師だが、男勝りで一人で生きて行こうとする。父への尊敬と反発や盲目の妹への思い、ある絵師への憧れなどが淡々と綴られる。杏の声がピッタリで耳に快い。

何より、江戸の町がいい。とりわけ妹が好きという両国橋から見る光景は忘れがたい。行きかう人々、左右に広がる平屋の家々、澄んだ川の水、夕日、百日紅や椿などの花などなど、江戸は何と美しかったのだろうかと幻想を抱いてしまう。時おり挟み込まれる空からのカットを見ると、江戸の都市計画は見事だったのではないかと思う。

北斎が拍子抜けするほど普通のオヤジなのもいい(松重豊の声も)。絵を描くことにしか関心がなく、家は散らかり放題。彼や娘の絵をきちんと見せているのも楽しい。その絵が次第にできあがって行ったり、あるいはできた絵が動き出したり。

吉原も、火事も、妖怪騒ぎも、歌舞伎座も、点描のように出てきては消える。大きな出来事も淡々と過ぎ去ってゆき、最後には北斎が死んで中年になったお栄まで出てくる。90分という長さも含めて、潔い江戸の人々を爽やかに描いた、気持ちのいい作品だと思った。

|

« 春休みの読書:『芸能人の帽子』 | トップページ | 週末の福岡に考える »

映画」カテゴリの記事

コメント

「クレヨンしんちゃんモーレツオトナ帝国の逆襲」を是非見てください。オヤジ世代号泣作品です。アッパレ戦国大合戦も必見です。

投稿: 石飛徳樹 | 2015年4月26日 (日) 09時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/537538/61485721

この記事へのトラックバック一覧です: アニメ『百日紅』の爽やかさ:

» 映画『百日紅~Miss HOKUSAI~』感想 あえて言わせていただきたい [映画を観たからイラスト描いた]
『百日紅~Miss HOKUSAI~』2015年/日本/90分監督:原恵一声の出演:杏/松重豊/濱田岳/高良健吾/美保純/清水詩音適当な解説とあらすじ葛飾親子が絵を描くアニメーション映画です ... [続きを読む]

受信: 2015年5月13日 (水) 18時36分

« 春休みの読書:『芸能人の帽子』 | トップページ | 週末の福岡に考える »